EV(電気自動車)

自動運転、テスラ(Tesla)の戦略まとめ スマート・サモン機能導入!ロボタ...

EV(電気自動車)大手で先進的な自動運転機能を次々と発表する米Tesla(テスラ)。2020年6月にはテスラの時価総額がトヨタ自動車を抜いて自動車業界においてトップとなり、投資家からの注目度も益々高まっている。 そんなテスラは...

自動運転に力を入れる静岡、「ShowCASEプロジェクト」とは?

静岡県は2019年11月19日までに、2018年から進めている「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」で、公道での実証実験を2019年11月25日からスタートさせると発表した。開始当日は開会式も行われ、関係者の試乗や報道試乗会も行う...

東北大NICHe、自動運転実証などで南相馬市と浪江町と連携協定

東北大学未来科学技術共同研究センター」(所在地:宮城県仙台市/センター長:長谷川史彦)=NICHe=は2019年11月12日までに、自動運転技術や電気自動車(EV)の社会実装による地域交通の課題解決などに向け、南相馬市と浪江町の両自...

ボッシュの新概念「PACE」、自動運転のほか「パーソナライズ」も

自動車部品供給メーカー大手の独ボッシュは、2019年10月24日から開催されている東京モーターショーで「PACE」という新概念を発表した。 自動車業界では現在「CASE」というキーワードが主に使われているが、この「CASE」と...

トヨタ、五輪時期に自動運転レベル4の同乗試乗会!使用されるTRI-P4とは?...

トヨタの米AI(人工知能)研究子会社であるトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)社は2020年7月から9月にかけ、東京都内で自動運転実験車「TRI-P4」に一般の人が同乗試乗する実証実験を実施する。 報道発表によれば、...

トヨタのCASE戦略とは?コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電...

次世代のモビリティ業界の在り方を示すCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化)。世界各国の自動車メーカーが相次いで事業戦略にCASEという単語を用いるようになり、各分野において開発競争が激化している。 ...

出光興産、タジマモーターとMoU締結 次世代モビリティやMaaSでタッグ

石油元売り大手の出光興産株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:木藤俊一)は2019年10月25日までに、次世代モビリティとMaaSに関する共同開発などに向け、EV(電気自動車)普及に尽力するベンチャー企業の株式会社タジマモ...

【速報】馬、ホテル、オフィス…トヨタ章男社長がメッセージ 自動運転や未来の自...

2019年10月24日に開幕する東京モーターショーの会場で、開幕前日の23日、トヨタ自動車の豊田章男社長が報道機関向けのブリーフィングでメッセージを語り、その模様がYouTubeを通じて生配信された。 豊田章男社長はVtube...

太陽光で自家発電…「自律型知的道路」が自動運転時代は激熱!MIRAI-LAB...

エネルギー関連事業などを手掛けるMIRAI-LABO株式会社(本社:東京都八王子/代表取締役:平塚利男)は2019年10月14日までに、国内最大級の家電・IT見本市「CEATEC」において、「自律型知的道路(Autonomous I...

MONET軍団、瞬く間に456社!自動運転やMaaS領域、異業種続々 トヨタ...

ソフトバンクとトヨタ自動車が設立したMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)が展開する、モビリティ領域の革新を目指す企業間連携組織「MONETコンソーシアム」への異業種からの参加が相次いでいる。2019年3月末の...