Continental(コンチネンタル)

AI自動運転時代は車のサンバイザーも進化!サイヤ人の「スカウター」的になる!...

ドイツ自動車部品大手ボッシュが液晶ディスプレイとカメラで構成された革新的なサンバイザー「バーチャルバイザー」をCES 2020で発表した。自動車の誕生以来、長らく大きな進化のなかったサンバイザーにも次世代技術が搭載される時代がやって...

独Continental、OTAでの即時アップデート可能な高性能コンピュータ...

ドイツ自動車部品大手コンチネンタルは2019年12月2日までに、同社の新型高性能コンピューター「ICAS1」をフォルクスワーゲン(VW)の新モデル向けに量産することを発表した。 コンチネンタルはこの新型高性能コンピューターにつ...

半導体大手ルネサス、自動運転コンソーシアム「AVCC」に参画

半導体大手のルネサスエレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:柴田英利)は2019年11月2日までに、「Autonomous Vehicle Computing Consortium(AVCC)」にコアメンバーと...

自動運転領域は「インテルよりアーム」なのか…高まる存在感 国際組織設立、トヨ...

ソフトバンクグループ傘下の半導体設計大手・英アームは2019年10月11日までに、完全自動運転車の実現を推進するための国際コンソーシアム「Autonomous Vehicle Computing Consortium」(AVCC)の...

コネクテッドなタイヤの未来とは?コンチネンタルタイヤが東京モーターショーで展...

独タイヤ大手コンチネンタルタイヤの日本法人であるコンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区/代表者:グレゴリー・メイ)は2019年10月11日までに、東京ビッグサイトで23日に開幕する「第46回東京モーターショー20...

鍵はオワコン?スマホで「エンジン始動」「ドア解錠」可能に スマートキー、カー...

自動車の施錠装置に関する保安基準が近く改正されそうだ。国土交通省は2019年10月中を目途に道路運送車両法に基づく告示を改正し、従来の鍵の代わりにスマートフォンなどを活用できるようにすると日経新聞や朝日新聞などが報じている。 ...

いざCASE対応!自動運転などメガサプライヤーの戦略まとめ

次世代モビリティ業界を象徴するCASE「Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(シェアリング・サービス)、Electric(電動化)」へのシフトを進める自動車...

独大手コンチネンタル、センサー内蔵の次世代タイヤ技術を発表 自動運転タクシー...

ドイツの自動車部品メーカー大手コンチネンタルが、現在ドイツで開催中の「フランクフルトモーターショー(IAA)」において、ホイールやタイヤに関する次世代技術「Conti C.A.R.E.」(コンチ・ケア)を発表した。 この名称に...

自動運転×小売、配送モデルは「玄関まで」「前の道路まで」「近くの場所まで」の...

実用化が一部の地域で始まり、開発に熱が入るラストワンマイル向けの配送ロボット。自動運転技術などを搭載し、無人で荷物などを運ぶことができるシステムだ。 この配送ロボットに関し、各社が開発・実証を進めているモデルを見ると、いくつか...

「自動運転×小売」に力を注ぐ世界と日本の企業30選 鍵はラストワンマイル(特...

EC化の進展と配送の小口多頻度化による労働力不足やコスト増などを背景に、自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイル。小売のEC化は今後も進展するものと思われ、各分野の企業が開発や実証に力を注いでいる。 そこでこの記事では、...