車載

自動運転化見据え!ミックウェア、トヨタと資本提携 車載ソフト開発を強化へ

車載ソフトウェア開発を手掛ける株式会社ミックウェア(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:鳴島健二)は2020年12月14日までに、トヨタ自動車から出資を受ける形で資本提携を行うことを決定した。出資額については明らかにしていない。 ...

自動運転システムの開発短縮に寄与!台湾VIA Technologiesが新小...

自動運転開発を手掛ける台湾のVIA Technologiesは2020年12月13日までに、自動運転システムの市場投入期間を短縮することに貢献する小型車載システム「VIA Mobile360 L900」を発表した。 同社の国際...

自動運転化で拡大!車載スマートディスプレイが1兆ドル市場に 2025年の予測...

自動運転車の車内は大きく変わると言われており、特にディスプレイの重要性がいまより増すとみられている。 その理由の1つとしては、運転を司るAI(人工知能)が次にどのような運転操作をするのか、乗員向けに表示する必要があることがある...

ADASで必要とされるデータは?車載ストレージ選びも鍵(深掘り!自動運転×デ...

自動運転の社会実装が始まったが、市販車ベースではまだまだ主力のADAS(先進運転支援システム)。交通安全とともに自動運転につながる技術として、より高いレベルを目指す研究開発が続いている。 ADASには衝突被害軽減ブレーキなど幅...

エッジAI半導体メーカーBlaize、日本上陸!自動運転で車載向けにも

自動運転向けエッジAIの半導体を提供する米Blaizeは2020年11月19日までに、デンソーの子会社で高性能半導体IPの開発・販売を手掛けるエヌエスアイテクスを正規販売代理店として、日本での営業活動を開始することを発表した。 ...

e.MMCとは?車載ストレージ関連知識(深掘り!自動運転×データ 第39回)...

コネクテッド技術や自動運転関連技術の高度化や実装が進む自動車業界。技術や各コンピューター機器の高機能化とともに、データを処理・記録する基盤となるストレージの高性能化も進んでいるようだ。 一方、こうしたフラッシュメモリをはじめと...

米Cerence、車内での音声決済が可能な「Cerence Pay」を発表 ...

自動車向けAIの開発にも力を入れる音声認識大手の米Cerence(旧ニュアンス・コミュニケーションズ)は2020年8月4日、車内で安全に音声決済が可能な「Cerence Pay」を発表した。 同社はCerence Payを発表...

2035年、コネクテッドカーの新車販売台数は1億台規模に 2019年比で3倍...

民間調査会社の富士経済(本社:東京都中央区/代表取締役:清口正夫)は2020年6月24日までに、2035年には世界のコネクテッドカーの新車販売台数が9420万台に達し、2019年比で3倍に急増するという予測を発表した。中国市場が拡大をけん引...

ACCESSがガチで目指す「車中エンタメ王」の座 自動運転時代見据え、協業・...

ソフトウェア開発のACCESS社は2020年4月24日までに、中国の大手動画サービス事業者であるNewTV社と協業し、車載エンターテインメントとして中国語番組をコネクテッドカー向けに提供することを発表した。 同社はこれまでも車...

コネクテッドカー、観ておきたいYouTube動画10選

すでに実用化が始まっているコネクテッドサービス。車載通信機器の標準搭載化も進んでおり、すでにサービスの先端に触れている方も多いのではないだろうか。 現在のコネクテッドサービスの主流はどのようなものか。また、未来のコネクテッドサービスは...