自動運転バス

【最新版】自動運転車の実現はいつから?世界・日本の主要メーカーの展望に迫る

自動運転車が夢物語から現実のものになり始めた昨今。世界各地で実証が進み、ウェイモの自動運転タクシーを皮切りに実用化も加速し始めている印象だ。果たして、次のビッグニュースはどのメーカーになるのか。 そこで今回は、日本国内の自動車...

兵庫県民、自動運転バス試乗後に「安心」80%以上に ソフトバンク傘下のSBド...

兵庫県で実施された自動運転バスの実証実験で、試乗したうちの80%以上が自動運転バスに乗った感想について「安心」「少し安心」などと回答していたことが、2018年8月15日までに分かった。 実証実験は5月20〜23日の4日間行われ...

小田急電鉄とヴァル研究所、自動運転バスとスマホアプリ「Yahoo!乗換案内」...

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:星野晃司)は2018年8月14日、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区/代表取締役:太田信夫)と共同で、移動とサービスを組み合わせたMa...

AIや自動運転などテーマに? DeNAが先端技術研究の新組織 社員応募型

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:守安功)は2018年8月6日、最先端技術に関するR&D(研究開発)組織を新たに設置したことを発表した。新技術のスムーズな事業化により、同社が力を入れてい...

内閣府のSIP第2期自動運転が始動へ 五輪見据え自動運転バス実証実験

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年8月7日までに、内閣府が進める「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの実用化)」の研究開発計画説明会を開催した。 ...

【読者の声】AI自動運転、ドローン、ICT…長野県伊那市民の新技...

2018年8月2日に報じた弊メディアの「長野県伊那で実施の自動運転バス実験、反対住民わずか1% 」には、長野県伊那の自動運転やドローンに対する積極的な市民の姿勢を評価するコメントが多く寄せられました。いま長野県伊那で何が起きているの...

長野で実施の自動運転バス実験、反対住民わずか1% 自動運転レベル2、自動運転...

国土交通省は2018年8月2日までに、長野県伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」周辺で同年2月に実施した自動運転バスの実証実験のアンケート結果について、同地区で行われた地域実験協議会の場で報告した。自動運転車両を公共交通に導入す...

ソフトバンク、自動運転洗浄機を発表 ビジョン・ファンド130億円投資先の技術...

運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が約130億円を投資した米Brain社。同社の自動運転技術「BrainOS」が、清掃の現場で活躍する洗浄機に活用されることになった。ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京...

中国・百度、レベル4クラスの完全自動運転EVバスを実用化 ソフトバンクとも協...

自動運転車の開発を進める中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)は2018年7月4日、中国のバス大手と開発した自動運転バスを実用化したことを明らかにした。既に受注に向けた販売活動を開始しており、すでに100台の製造を終えているという。...

中国・百度の”アポロ計画”自動運転バスが日本へ ソフ...

ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治 友基)と中国インターネット検索大手の百度(バイドゥ)がタッグを組む。共同で、百度が開発を進める自動運転システム「Apollo(アポロ)」を搭載した自...