自動運転バス

英国、自動運転バス実用化へ実証実験が次々と!

英国では2025年までに自動運転車が公共交通として導入されることを目指している。これは2022年8月に英国政府が自動運転車に関する計画書「Connected and automated mobility 2025」にて言及されている...

英国の道路渋滞、自動運転車の普及で85%悪化!?

自動運転車が普及することにより、道路渋滞が85%増となるーー。そんな驚きの調査結果が英国で発表された。 英運輸省の報告書によると、2047年までに車の半分が自動運転車やコネクテッドカーとなる可能性があり、またEV(電気自動車)...

中型自動運転バスでサービス実証!経産省の2023年度予算

無人走行を可能にする自動運転レベル4元年となる2023年。社会実装に向けた官民総出の取り組みに期待が寄せられるところだ。 官側の代表格である経済産業省は、2023年度にどのような事業を展開していくのか。新年度予算をベースに同省...

2023年「MaaS」市場展望!自動運転タクシーも呼べるように?

交通課題をはじめとしたさまざまな地域課題の解決に向け、各地で導入が進められているMaaS(Mobility as a Service)。民間主導のもの、行政主導のものなどが入り混じり、独自の進化を遂げている感が強い。 現在進行...

2023年の自動運転業界、実用化加速で「黎明期後半」に突入

2022年も残りわずかとなった。この1年、自動運転市場で報じられたさまざまなニュースを振り返ってみると、自動運転技術を活用した移動サービスのローンチなどに関するトピックが多かった一方、インフレに伴う景気後退への懸念から、自動運転部門...

【2022年11月の自動運転ラボ10大ニュース】Argo AI停止、SBGは...

国内ではレベル4導入に向けた関連法令の改正案が公表されるなど、自動運転の本格導入に向けた事前の取り組みが活発化している。一方、海外では有力スタートアップが事業停止を余儀なくされるなど、一部で情勢が大きく変化しているようだ。 世...

バス自動運転化などの「起点」に!ティアフォーが新サービス

自動運転バスなどの新規導入を検討している方に朗報だ。ティアフォーがこのほど、自動運転の開発から運用までをサポートする商用ソフトウェアプラットフォーム「Pilot.Auto(パイロットドットオート)」と「Web.Auto(ウェブドット...

自動運転レベル4解禁、路線バスの「赤字地獄」に転機到来

ドライバーレス走行を可能にする自動運転レベル4の解禁を盛り込んだ改正道路交通法が、2023年4月にも施行される見通しとなった。 レベル4技術は、人の移動やモノの輸送などさまざまな用途に応用され、拡大していくことになるが、第1段...

怖い?便利?「歩車混在」のお台場、自動運転バスが走行

2023年の1〜2月ごろ、東京都内である自動運転実証が行われることが決まった。「歩⾞混在」のお台場の遊歩道などを⾃動運転バスが⾛⾏するという実験で、実施企業はソフトバンク子会社のBOLDLYと、高速バス大手のWILLERとなっている...

陸&空の連携!茨城県境町、配送革命へ実証 自動運転バスやドローンを活用

自動運転バスが運行していることで知られる茨城県境町が空におけるイノベーションも目指し、2022年10月から「新スマート物流」の実用化へ向けて実証を始めるようだ。ドローン、定常運行中の自動運転バス、トラックなどを組み合わせていく。 ...