自動運転バス

自動運転バスは「郵便局→郵便局」ルートが最適!?運行事業者とWin-Win

2021年2月にウェブ会議「デジタル時代における郵政事業の在り方に関する懇談会(第4回)」が開催された。その配布資料として「デジタル時代における郵便局の在り方に関する市町村の主な意見等」があり、この中で自動運転バスに関するアイデアが...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

通学での活用検討!境町の自動運転バス、学校などにバス停追加

茨城県境町の自動運転バスが着々とサービスを拡充している。茨城県境町は2021年2月23日までに、町内を走る自動運転バスルートで2つだけだったバス停に、新たに6つのバス停を追加したと発表した。 子育て支援センターや小学校、銀行、...

自動運転車のデータ収集からマネタイズまで!(特集:マクニカのスマートモビリテ...

自動運転車は走行しながらさまざまな種類のデータを生成する。そしてそのデータ量も膨大なものとなる。そのため、データの効率的な収集や管理には、走行のための技術とは別の技術やソリューションが必要となる。 こうした点においてサポートを...

注目のテクノロジー、「自動運転技術」が3位に!コロナ禍で注目度向上

世界最大の技術専門家組織「IEEE(アイ・トリプルイー)」は、日本全国の会社員男女330人を対象にした「注目のテクノロジー」についてのアンケート調査を実施し、2021年2月17日までにその結果を発表した。調査は2020年12月にイン...

約4カ月で乗車2万人!羽田イノベーションシティの自動運転バス

羽田空港近くの複合施設「羽田イノベーションシティ」で定常運行中の自動運転バス「NAVYA ARMA」が、運行開始から134日で累計乗車数2万人を突破したようだ。BOLDLYがFacebookの投稿で2020年2月16日までに明らかに...

自動運転もMaaSも!「幕張新都心2.0」へ産学官コンソーシアム設立

千葉県千葉市は「幕張新都心モビリティコンソーシアム」を設立し、第1回総会を2021年2月16日までに開催した。同コンソーシアムでは、次世代モビリティやMaaSサービスなどを活用したまちづくりを進める。さしずめ「幕張新都心2.0」を目...

「自動運転バス×顔認証」に秘める可能性 リピート客への割引運賃適用も可能に

日本国内でも将来本格的に普及が進むとみられる自動運転バス。乗車予約に応じてルートを最適化する「オンデマンド型」での運行だけではなく、現在の路線バスのような形態での運行も当然行われるようになると考えられるが、そこで活躍するのが「顔認証...

中国・百度が自動運転で大注目!2カ月で株価2倍、投資判断も引き上げ

中国のインターネット検索大手・百度(バイドゥ)の株価が値上がりしている。 すでに昨年12月から約2倍となっており、2021年2月12日の終値は313ドルとなっている。株式市場のアナリストは、今回の株価の上昇は自動運転への取り組...

ANA、2025年に空港内の旅客輸送で無人自動運転を実現へ

全日本空輸株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:平子裕志)=ANA=が羽田空港の制限区域内で、従業員の移動用に大型電気自動運転バスの試験運用に期間限定で取り組んでいる。 試験運用の取り組みは2021年2月12日まで実施さ...