自動車

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?自動運転EV、東京オリンピッ...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めたコンセプトモ...

自動車技術会賞、自動運転やADAS領域から3件!日産は2論文で受賞

自動車技術会(会長:坂本秀行)は2021年5月31日までに、「第71回自動車技術会賞」の受賞者を発表した。 自動車技術会賞は自動車工学や自動車技術の向上・発展を奨励することを目的とし、自動車技術に対する多大な貢献・功績を表彰す...

車産業に参入したら試してみたい会社、1位は?自動運転技術を上位企業は軒並み開...

全国の20~60代2,255人を対象にした「次世代自動車についての調査」が実施された。実施したのは、顧客の反応可視化ツールを提供する株式会社スパコロ(本社:東京都港区/代表取締役社長:林秀紀)だ。 この調査結果において自動運転ラボとし...

自動車アフターマーケット業界、自動運転時代にどう適応すべき?下山哲平氏に聞く...

にわかに活気づく自動運転市場。開発段階からサービス実装段階への移行が一部で進み始め、新たな局面を迎えつつあるようだ。 サービスの社会実装によってビジネス性が育まれ、市場は各方面に拡大していくことが予想される。普及段階に入れば、...

百度、重複上場で得た資金で「自動運転タクシー」の台数増強か

中国インターネット検索大手の百度(バイドゥ)が2021年3月9日に、香港証券取引所への上場が承認されたことが明らかになった。百度はすでに米ナスダック市場で株式公開をしている。香港での上場はそれに次ぐ形となる。 米メディアの報道...

自動運転サービスの事業化、一気通貫で支援(特集:マクニカのスマートモビリティ...

自動運転車を活用した移動サービスなどを実際に展開するためには、当然ではあるが「安全運行」や「安定走行」の実現が求められる。ただそれだけではない。安全に走行できても赤字運営では事業は継続できない。国や自治体との折衝も必要となってくる。...

汎用「自動運転向けシャーシ」を使えば、オリジナル車両の展開が容易に

オープンソースの自動運転シャーシプラットフォームの開発を手掛ける中国系スタートアップのPIX MOVINGがこのほど、プレシリーズAラウンドで数億円の資金調達を行ったようだ。日経新聞系のメディアが報じている。 同社が開発を進め...

Foxconnが将来、自動運転EVの「世界の工場」になる未来

EMS(電子機器受託生産)世界最大手のフォックスコン・テクノロジー・グループ(鴻海科技集団)が、新興EV(電気自動車)メーカーとの協業を次々と発表している。 パソコンや携帯電話向けの電子機器製造受託で世界のトップに上り詰めたフ...

「自動運転の目」LiDAR、世界市場は2025年に29億ドル規模!

台湾の調査会社TrendForceがこのほど発表した市場調査レポート「赤外線センシング市場の動向(2021年)」によれば、「自動運転の目」の役割を果たすLiDARの世界市場は、2025年には29億ドル(約3,000億円)に到達すると...

カナダBlackBerry、自動運転分野で大躍進!どんな技術を展開?

カナダの通信機器メーカーBlackBerry(ブラックベリー)が、中国IT大手の百度(バイドゥ)との戦略的パートナーシップを拡大すると発表した。百度のアポロ計画において築いてきた関係をいっそう深化させるようだ。 かつてはモバイ...