自動車

クルマのサブスクと購入、どっちが得?徹底検証

クルマは「所有から利用へ」がトレンドになっている現在、多数の企業がクルマのサブスクリプションサービスに参入している。それでは、サブスクと購入では、どちらがお得なのだろうか。 具体的なサブスクサービスの費用と、車両を購入...

クルマのサブスク「やめとけ」ってホント?

クルマのサブスクサービスが人気だ。自動車メーカーや保険会社、レンタカー会社、石油会社など、さまざまな業界の企業が参入し、サービスを展開している。具体的には、KINTOやSOMPOで乗ーる、ポチモ、ニコノリなどが人気だ。 ...

クルマのサブスク、Z世代「検討したい」80%超!都内認知層、2年で倍増

「クルマのサブスク」を認知しているZ世代(18〜25歳)のうち、利用を検討している人は年々増加傾向にある。都内の認知層のうち「検討したい」と回答したのは2022年は41.2%だったが、2024年には80.7%にまで倍増した。 ...

自動車のサブスクとリース、違いは?

クルマが「所有から利用へ」と変化しつつあるいま、サブスクリプションサービスやカーリースの需要は増加しており、多くの企業がサービスを展開している。 それでは、サブスクとカーリースに違いはあるのだろうか?それぞれの特徴と違いについ...

自動車のサブスク、向いてる人は?メリットは?

クルマの「所有から利用へ」がトレンドになっている現在、サブスクリプションサービス(カーリース)が活況を呈している。トヨタ系「KINTO」やSOMPOとDeNAによる「SOMPOで乗ーる」、出光の「ポチモ」、レンタカー事業も行...

小糸製作所、「クルマの意図」の視覚化に挑戦 自動運転時代見据え

自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都品川区/取締役社長:加藤充明)が、自動運転時代を見据え、クルマの意図を視覚化して外部に伝える技術を開発しているようだ。 同社は米国子会社であるノース・アメリカン・ライティン...

インド道路相「自動運転は解禁しない」 ドライバーの雇用保護を優先

インドのニティン・ガッカーリ道路交通大臣は2023年12月18日、自動運転車はインドで導入・解禁させない方針を明らかにした。人間のドライバーの雇用が大幅に減少することを防ぐための措置だという。自動車関連イベントで語った。 ガッ...

ソフトバンクの自動車・自動運転事業まとめ(2023年最新版)

CASE分野におけるソフトバンクの存在感がますます高まりそうだ。同社はアイルランドのIoTプラットフォーマーCubic Telecomに出資・子会社化し、コネクテッドカーやソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV:Softwar...

”くるまからモビリティへ”の技術展2023 ONLINE、無料開催中!12月...

「”くるまからモビリティへ”の技術展2023 ONLINE」が2023年12月15日(金)にかけて無料開催中だ。将来のモビリティ社会を支える多様な技術や製品が紹介されており、自動運転分野などでビジネスや技術開発に携わっている人は、講...

自動運転化で必要無くなる「資格・免許」は?

JR九州が、運転士不在の鉄道運行を早ければ2024年3月に開始する。自動運転技術を活用することで、従来の運転士に求められる要件をコンピュータ化が担い、コンピュータ化が担いきれない部分を「自動運転乗務員」が担う形だ。 極論だが、...