自律航行ドローン、安全飛行のために検知すべきデータや技術は?(深掘り!自動運...

世界各地で開発が進む無人航空機「ドローン」。エンターテインメントを飛び越し、その役割は各種観測や農業、警備、災害対策、点検、危険区域における作業など、幅広い分野での利活用に期待が持たれている。 中でも、物流や人の移動を目的とし...

「空飛ぶクルマ」参入のトヨタ、実は2014年に特許出願していた

自動車業界における「世界のトヨタ」は2020年1月15日、空飛ぶクルマ開発の米Joby Aviationとの協業を発表し、本格的に同領域へ参入することを事実上宣言した。そんなトヨタだが実は2014年にアメリカで空飛ぶクルマの特許を出...

空飛ぶクルマ実用化で起きる15のこと

空中における移住な移動を可能にする空飛ぶクルマ。この近未来の技術はすでに実証段階に達しており、数年後には世界各地でさまざまなサービスが誕生する見込みだ。 ハードルは高いが、空飛ぶクルマの技術が安全面とともに確立され、実用化が進...

夢の「空飛ぶクルマ」の販売会社、日本で誕生!エアモビリティ社、英VRCOの販...

日本における「空飛ぶクルマ」の販売を主な事業内容とするエアモビリティ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:浅井尚)が、2019年8月25日までに設立されていたことを分かった。同社が発表した。 エアモビリティ社は、イギリ...

上空シェアサービス運営のトルビズオン社、2500万円を資金調達 ドローン社会...

上空のシェアサービスを手掛ける2014年設立のベンチャー企業・株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市/代表取締役社長兼CEO:増本衛)は2019年7月8日までに、総額2500万円の資金調達を実施したことを発表した。 資金調達...

楽天、無人島の観光客へドローン配達 空のラストワンマイルサービス、西友と開始...

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区/代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)は国内初の取り組みとして、離島の一般利用者を対象にドローンを使った商用配送サービスを開始する。同社が2019年6月18日までに発表した。 今回のドローンによ...

いつかは空も渋滞する シンガポールで始まる空飛ぶクルマの実証実験 自動運転車...

いつかは空も渋滞する。気の早い話だが、必ずそうなるはずだ。 空飛ぶクルマと空飛ぶタクシーの実証実験がいずれ始まり、法整備も進む。「ドローン進化型」「自動車進化型」「小型航空機型」のどれが主流になるのかは今は分からないが、人々は...

ウーバー、2021年にドローンで空の料理宅配サービス 採用活動開始か

米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズが、早ければ2021年までにドローンを使ったフードデリバリーサービスの提供を計画していることが、2018年10月22日明らかになった。 既にサービスの具体化に向けて重役ポストの採用活動...

空飛ぶタクシー、2022年にサービス提供開始 イギリスのバーティカル・エアロ...

「空飛ぶタクシー」の開発を進めているイギリスのスタートアップ企業バーティカル・エアロスペース(Vertical Aerospace)社が2018年9月20日までに、サービス提供を2022年までに始めると発表した。まるで映画の中の話の...

【ZMP特集#1】「機は熟した」自動運転実用化へ デモは卒業、商業化へ—AI...

「デモは卒業、商業化へ」。自動運転ベンチャーZMPの代表取締役社長、谷口恒氏は企業や報道陣など招いて2018年7月に開いた「ZMPフォーラム」の壇上、拳を強く握りしめながら何度もこの言葉を繰り返した。連載初回では谷口社長のスピーチを...