矢野経済研究所 に関する記事

バーチャルキーがカーシェア市場の未来を握る 開発企業まとめ

国内でもカーシェアリングの人気が高まり、クルマの概念が所有から利用へと転換する兆しが見え始めている。一台の車両を複数のユーザーが利用する仕組みは、今後も増加の一途をたどるだろう。 こうしたサービスに対し、急速に需要を伸ばしてい...

車の鍵を電子化!MaaS領域で新事業!ビットキー、MONETコンソーシアムに...

キー技術を手掛けるスタートアップ企業の株式会社ビットキー(本社:東京都中央区/代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則)は2019年8月28日、モビリティ業界における革新を目的とした横断型組織「MONETコンソーシアム」に加盟したこ...

カーシェア市場拡大の肝は、無人化を実現するバーチャルキーだ

「カーシェア、ココにあります」。日本の各地でタイムズカーシェアののぼりを見たことある人は既に少なくないはずだ。C2C(個人間取引)のマッチングサイトも続々誕生し、新たな自動車の利用の形として、カーシェアへの注目度が急速に高まっている。 ...

ADASか自動運転技術の搭載車、2030年には3.4倍の8390万台に 「レ...

調査会社の株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は2019年5月10日までに、ADAS(先進運転支援システム)か自動運転システムを搭載した自動車の台数が、全世界で2030年には2018年比で約3.5倍の...

AI自動運転やMaaS、ライドシェアなどの将来市場規模予測10選

成長著しい自動運転関連市場。2020年代には自動運転レベル3(条件付き運転自動化)以上が実用化され、コネクテッド技術やサービス、MaaS(Mobility as a Service)分野など広範囲に波及しながら市場規模を拡大し続けて...

MaaSの国内市場規模、2030年には飲食市場上回る6兆円台に

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は国内MaaS(Mobility as a Service)市場について調査し、MaaSサービスの分野別の動向と参入企業の動向、将来展望を2019年2月27日までに発表した...

自動車用センサーの世界市場規模、2023年に7兆円超に LiDARやカメラの...

自動車用センサーの世界市場規模が2023年には今の倍増近い662億ドル(約7兆3000億円)に達する——。リサーチ情報事業を手掛けるリサーチステーション合同会社は2019年2月5日までに、こんな数字を報道発表で明らかにした。 ...

LiDAR世界市場、年平均25%成長で2022年に800億円規模に 自動運転...

米市場調査会社マーケット・リサーチ・エンジンは2018年11月21日までに、光技術を活用して自動車の周辺状況を検知する「LiDAR」の世界市場が、2022年までに7億3000万ドル(約800億円)に達するとの予測を発表した。発表によ...

LiDARのMEMS式とSolid State式、特徴や違いを解説

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入され、低価格化も進んで...

矢野経済研究所が自動運転セミナー ADASやLiDARについて担当者が解説

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は2018年10月26日、東京都港区で「第6回ADAS/自動運転の最新動向セミナー」を開催する。副題は「LV4を実現するサービス・テクノロジーの最新動向と可能性を探...