矢野経済研究所

LiDARのMEMS式とSolid State式、特徴や違いを解説

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入され、低価格化も進んで...

矢野経済研究所が自動運転セミナー ADASやLiDARについて担当者が解説

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は2018年10月26日、東京都港区で「第6回ADAS/自動運転の最新動向セミナー」を開催する。副題は「LV4を実現するサービス・テクノロジーの最新動向と可能性を探...

AI自動運転やADASの最新動向探る 矢野経済研究所が東京セミナー モービル...

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表者:水越孝)は2018年10月26日、「第6回ADAS/自動運転の最新動向セミナー~LV4を実現するサービス・テクノロジーの最新動向と可能性を探る~」を開催することを発表した。現在参加...

【最新版】LiDARとは?自動運転の「目」となるコアセンサーを徹底解説&まと...

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でも「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要は青天井のごとく伸び続けており、マーケティング会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザの市場規模は2017年の約25億円から2030年...

自動運転車の市場規模、2030年までの予測まとめ LiDARなどのセンサー、...

自動車業界に革命を起こすと言われる次世代技術「自動運転」。既に日本を含む各国では公道での実証実験も行われており、一部では限定されたエリアでの導入も進んでいる。国単位での法整備も進み、実用化に向けた環境整備も整ってきた。 また自...

【2018年7月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

自動運転開発費の捻出に向けたトヨタの原価低減方針の発表や、自動運転開発加速に向けた米フォードの新会社設立のニュース、LiDAR市場の拡大に関する注目調査の公表や、ソフトバンクと中国のライドシェア大手滴滴出行(Didi Chuxing...

急拡大!2030年のLiDAR市場、現在の200倍に 5000億円規模、自動...

調査会社の株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は7月3日までに、自動運転用センサーや先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模(出荷額ベース)の予測について報道発表を行った。 発表によれば、自動運転...