法律

ライドシェアの法律・制度の世界動向(2024年最新版)

2024年4月に日本版ライドシェア「自家用車活用事業」が始まり、条件付きながら日本国内でもライドシェアサービスがスタートした。現在は本格版ライドシェア導入に向けた議論が進められているが、業界団体の猛反発は必至の状況で、どのような結論...

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2024年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転の課題(2024年最新版) 事故責任は誰に?ハッキング対策は?

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる「自動運転技術」により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。 多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、ま...

自動運転、アジアの最新事情(2024年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。日本でも自動運転レベル3の市販車をホンダが発売し、ホンダや日産が自動運転タクシーの実現目標を...

自動運転とは?(2024年版) レベル別の実用化・開発状況・業界動向まとめ

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。日本のホンダが自動運転レベル3の市販車を発売し、メルセデスもレベル3機能の提供をスタートさせた。アメリカや中国ではレベル4の自動運転タクシーが街中を走行し始めている。 こうした状況の...

アメリカの自動運転最新事情(2024年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

自動運転関連の法律・ガイドライン一覧(2024年最新版) 施行・改正情報まと...

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。その結果、自動運転レベル3の市販車をホンダが発売し、「誘導型」ではあるもののレベル4の移動サービスも登場した。建機や農機の自動運転化の取り組みも前進している...

空飛ぶクルマとは?(2024年最新版) 開発企業・実用化状況まとめ

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業...

空飛ぶクルマ関連で「航空法施行規則」を改正 知っておきたい8項目

国土交通省航空局は、空飛ぶクルマが関連する「航空法施行規則の一部を改正する省令」を2023年11月30日付で公布、同年12月31日に施行する。空飛ぶクルマにおける救命胴衣の装備義務などについて記載されている省令となる。 この省...

電動キックボードはナンバー・ヘルメットは必要・不要?

改正道路交通法の施行により、新ルールでの運用がスタートした電動キックボード。若い世代を中心に利用が拡大し、サービス提供エリアも徐々に広がりを見せている。 ただ、走行ルールなどが浸透していないため危険性を指摘する声も大き...