普及 に関する記事

2030年、販売車両の4台に1台が「自動運転レベル3」

先進運転支援システム(ADAS)を搭載する車両は、自動運転レベルで言うなら「レベル1」(運転支援)か「レベル2」(部分運転自動化)に相当する。ADASはトヨタや日産をはじめ各社が既に独自ブランドでシステムを開発・搭載しており、レベル...

定額・相乗りタクシーの普及は、高齢者の事故減少につながる

定額タクシーや相乗りタクシーなど、タクシー業界では新たな形態のサービス提供に向けた実証実験などが続く。こうした取り組みによってタクシーがより利用しやすくなれば、地域によってはクルマを運転しない高齢者が増え、結果的に高齢者の事故も減るかもしれ...

自動車が将来「寝室化」する3つの理由 自動運転、カーシェアの普及、車中泊サー...

食事、仕事、娯楽、睡眠——。現代社会の中で人間が生活するうえで欠かせないものだが、近い将来、こうした活動のすべてを車内で行うことができるようになるかもしれない。そう、完全自動運転車の実現だ。 車内は従来の「乗る」空間から「くつ...

自動車業界も注目!広告配信でデジタルサイネージ導入が無料、タクシーやカーシェ...

デジタルサイネージ事業を展開する株式会社Amazing Day(本社:東京都港区/代表取締役社長:枝吉宣輝)は2019年6月18日までに、同社が提供しているデジタルサイネージ管理端末「Enplug(エンプラグ )」の新しい運用プラン...

自家用車にシール貼るだけで広告料ゲット→維持費の足しに 個人間カーシェアとも...

中古自動車販売などを手掛ける株式会社オートプラス(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:井野貴文)は2019年6月19日までに、一般の乗用車ユーザーが広告主とスポンサー契約を結ぶ新しい交通広告サービス「マイカースポンサー(全国版)」を開...

日産のプロパイロット2.0、高速道路で手放し運転を実現 最新ADASを発表

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市/社長兼最高経営責任者:西川廣人)は2019年5月19日までに、高速道路の走行時に一定の条件を満たすと手放し運転が可能になる、世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を発表した。 ...

NTTドコモや日立、次世代自動車社会にむけ周波数有効利用技術を研究

2019年1月24~26日まで横須賀リサーチパーク(YRP)で開催された「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ 2019」で、ある3社が「膨大な数の自律型モビリティシステムを支える多様な状況に応じた周波数有効利用技術の研究開発」...

運転免許は”自動運転時代”に消える 代わりに「乗車免...

8225万5195万人。日本における運転免許の保有者数(2017年)だ。身分証明書としても持っていると便利な運転免許証。ただ果たして20年後にはまだ運転免許制度自体が残っているのだろうか。 20年後にはまだ運転免許制度は残って...

パイオニアと東京海洋大学、3D-LiDAR活用して自動運転船を実現へ

パイオニア株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役兼社長執行役員:森谷浩一)は2018年12月23日までに、同社が開発する3D-LiDARを活用し、船舶の自動運転化に向けて共同で研究を進めるという契約を、東京海洋大学と締結したことを...

マツダ、自動運転技術でライドシェアサービス開発へ 広島県内で実証実験

マツダ株式会社(本社:広島県府中町/代表取締役社長:丸本明)は2018年12月17日までに、将来日本でも可能性があるライドシェアの普及を見据え、コネクティビティ技術を活用した移動サービスの実証実験を、広島県三次市でスタートした。 実証...