日本ニュース

日本に関連する自動運転やライドシェア、AI(人工知能)などに関する最新ニュースやコラムを掲載しています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

オランダの研究機関TNO、横浜でAI自動運転技術を開発 自国では車載センサー...

1932年にオランダ議会によって設立された「オランダ応用科学研究機構(TNO)」が、神奈川県横浜市に日本法人を設立し、自動運転技術の研究開発などに取り組んでいる。 TNOは自動車やIT、エネルギー、エレクトロニクスなどの様々な...

日本人の97.2%、ライドシェア未経験 解禁目途立たずウーバーも普及せず カ...

MMD研究所(所在地:東京都港区/代表責任者:吉本浩司)は2018年8月23日までに、「シェアリングエコノミーサービスに関する調査」の結果を発表した。発表によれば、ライドシェアを経験したことがある日本人は2.8%、逆に言えばライドシ...

自動運転車に実証実験・テスト走行が必須な理由 実用化に向けて回避すべき危険・...

自動運転車の実証実験が各地で散見されるようになり、無人による自動運転の実用化も徐々に現実味を帯びてきた。実用化に向けては、サーキットのような専用空間での走行試験や公道での実証実験などが必須となっているが、これはなぜか。 「人命...

日本の自動運転ベンチャー・スタートアップ12社まとめ AIやシステムを研究開...

イスラエルのMobil Eye(モービルアイ)、米シリコンバレーのZoox(ズークス)、中国のRoadstar.ai(ロードスター・エーアイ)など、自動運転などの分野で数百億円規模以上の資金調達を行い、グローバル企業と対等に向き合う...

自動運転車・コネクテッドカー向けにデューデリジェンスサービス提供 チェンジ社...

サイバーセキュリティに関連する包括的診断やコンサルティングサービスを提供してきた株式会社チェンジ(本社:東京都港区/代表取締役:福留大士)は2018年8月22日までに、コネクテッドカー特化型のIoTセキュリティ・デューデリジェンス(...

自動運転AI技術への関心高く AIエンジニアを目指す現役大学生、「音声・画像...

株式会社ホールハート(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:小野進一)は2018年8月21日、AI(人工知能)エンジニアを目指す大学生など向けスクールの現役学生を対象に実施した意識調査の結果を発表した。 興味があるAI開発の分野では「...

自動運転車、広告業界が狙うのは運転手が自由になる「584時間」 電通は配信プ...

日本人は1日に平均1.6時間程度自動車を運転していると言われている。これは米国の1日平均0.8時間と比べると倍近くの時間になり、1年間に通算すると「1.6時間×365日」で584時間にも及ぶ。今この584時間に注目している業界がある...

東京都、自動運転事業に本腰 初予算8400万円計上 ZMPやSBドライブなど...

東京都(知事:小池百合子)がいよいよ自動運転事業の支援を本格的にスタートする。2018年度に約8400万円の関連予算を初めて確保し、自動運転の実証実験もサポート。慢性的な渋滞や公共交通機関の人手不足、高齢者の移動手段確保などの交通課...

自動運転配送ロボを開発中のHakobot、アドバイザーのホリエモンこと堀江貴...

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏がアドバイザーとして参画する株式会社Hakobot(本社:宮崎県宮崎市/代表取締役:鶴田真也)が、Googleの元技術者が創業したアメリカのスタートアップ企業ニューロ(Nuro)に勝負を挑む。 ...

自動運転車、お盆に大活躍 AI技術で渋滞軽減に期待 求められるインフラや法整...

お盆こそ自動運転車の出番だ。帰省ラッシュで渋滞しても車内で自由に過ごすことができるし、そもそも自動運転車の普及で渋滞が軽減されると言われている。20年後、いや10年後には既に毎年恒例の渋滞の風景が変わってくるかもしれない。 世...