投資

【目次】「トヨタ×自動運転」特集

いま自動車業界は100年に一度の変革期の真っ直中にいる——。トヨタ自動車の豊田章男社長はこの数年、何度もこうした趣旨のフレーズを口にしてきた。CASEという単語に集約される「コネクテッド」「自動運転」「サービス/シェアリング」「電動...

トヨタの自動運転領域における投資まとめ

2019年3月期に国内で初めて売上高が30兆円を超えたトヨタ自動車。新型コロナウイルスの感染拡大下においても黒字を確保するなど、「世界のトヨタ」らしい底堅さをみせるが、10年先を見通せないのが今の自動車業界だ。 変革のはざまに...

CASE領域への投資加速!米フォードが自動運転・EVに3.6兆円投資へ 開発...

米大手自動車メーカーのフォードは2021年2月8日までに、EV(電気自動車)と自動運転技術の開発において、2025年までに290億ドル(約3兆600億円)を投資することを発表した。CASE領域への投資を加速する形だ。 290億...

農業用自律走行ロボットを開発するレグミン、新たに資金調達!

「スマート農業」へシフトしつつある昨今。採算性などの課題も解決すべく、自動運転技術を農業分野に応用しようと取り組む企業が増えている。大手企業だけでなくベンチャーやスタートアップの動きも活発だ。 そんな中、自律走行型ロボットを活...

トヨタの自動運転戦略を徹底解説!2020年代に起こす大変革とは?

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は、確かな信頼や技術力を築き上げてきた。 ...

ヤマトCVC、中国Yoursへ出資!自動運転配送ロボットを開発、すでに多数の...

ヤマトホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:長尾裕)は2020年12月10日までに、中国で自動運転配送ロボットを開発・事業展開するYours Technologies社への出資を決めたことを発表した。 ...

Waymo、オハイオ州に自動運転の新試験施設 大型トラックや悪天候想定の検証...

自動運転タクシーの商用サービスを展開するGoogle系のWaymo(ウェイモ)が、新たに米オハイオ州に自動運転車の試験施設を開設する。米メディアの報道によると、2020年12月1日に同社が発表した。 新たな試験場は、オハイオ州...

3Dプリンタで自動運転車に革新!Local Motorsにスパークスが投資

投資顧問会社のスパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:阿部修平)=スパークス=が設立した「未来創生2号ファンド」は2020年11月30日までに、EV(電気自動車)車両設計・製造の米Local Motors社の...

デンソーのMaaS投資が加速!不動産×カーシェアの米Envoy Techno...

自動車部品大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2020年11月22日までに、不動産事業者と連携したモビリティサービスを提供するスタートアップの米Envoy Technologiesに出資したことを発表した。...

年60%成長も夢じゃない!?「自動運転」テーマの投資信託、どんな銘柄に投資し...

多額の資金が動き続ける自動運転業界。次々と頭角を現すスタートアップへの先行投資をはじめ、将来性豊かな上場企業にも投資の目は向けられており、近年は自動運転銘柄をピックアップした投資信託商品も登場している。 国内では、「グローバル...