技術者

自動運転AIチャレンジ、オンラインで決勝!自動運転車での品物配達が課題

自動車技術会は「第2回自動運転AIチャレンジ決勝」を、2020年9月23日から11月6日までオンラインで開催する。 この大会は元々、2020年6月14日に東京大学生産技術研究所附属千葉実験所(柏キャンパス内)にて実車を使用して...

米国のIT技術者は平均年収880万円、自動運転は1000万円超ごろごろ

近い未来の実用化に向けて技術開発が目覚ましく進む自動運転技術。将来有望な「ドル箱技術」としての側面もあり、この領域におけるエンジニアの年収がアメリカにおいて高く推移しているようだ。 ウェブ経済メディアのBusiness Ins...

AI技術者の募集業種、「自動車・輸送」が28.6% 自動運転開発などで需要増...

モビリティ分野の各企業がAI人材を欲するようになっている一方、モビリティ分野での活躍を希望する理系プロフェッショナルも増えているようだ。 新規事業開発や人材採用支援などを手掛けるアスタミューゼの発表によれば、AIエンジニアの募...

自動運転関連求人数、コロナ禍による件数減が増加に転じる!2020年5月末調査...

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2020年5月末時点の自動運転関連求人数をまとめた。 新型コロナウイルスの影響によって自動運転業界でも採用案件数...

コロナ禍でも積極採用!自動運転、気になる求人10選【2020年6月】

新型コロナウイルスの影響により「ニューノーマル」に対する関心が高まっている。そしてこうした社会の変化は、自動運転に対する注目度をますます高めている。さまざまなことを「無人化」できるからだ。 そんな中、自動運転技術を開発する企業...

【書籍贈呈】自動運転で革命を…Google元リーダーの開発物語 『AUTON...

自動運転タクシーを世界で初めて商用化したGoogle系ウェイモ。そのウェイモで顧問という要職を現在務めるローレンス・D・バーンズ氏による書籍『AUTONOMY 自動運転の開発と未来』が、2020年6月10日に発売された。 Go...

自動運転開発、コロナでのテレワーク化はむしろ追い風?【特集「自動運転×テレワ...

新型コロナウイルスの影響により、各方面でテレワーク化が進行している。多くは一過性の取り組みとして収束後に元の働き方に戻るものと思われるが、場所や時間にとらわれない新しいワークスタイルとして、業種・職種によっては定着化を図る動きもみら...

【10名様に贈呈】自動運転に挑むIT技術者を描く『AUTONOMY 自動運転...

IT技術者が巨大自動車産業に挑む姿を描いた『AUTONOMY 自動運転の開発と未来』(辰巳出版)が、このほど出版された。 著者はローレンス・D・バーンズ氏とクリストファー・シュルガン氏。バーンズ氏は自動運転タクシーの商用化に世...

非エンジニア職でも自動運転業界に転職できる!求められる職種は?【この機を逃す...

新型コロナウイルスの影響の中でも、エンジニアを中心に採用活動が盛んな自動運転業界。AI(人工知能)やセンシング技術を持ったエンジニアは引く手あまただ。 ただ、自動運転の実用化が近付くにつれ、非エンジニアの求人もどんどん増加して...

自動運転業界で求められているエンジニアは?【この機を逃すな!「自動運転×転職...

新型コロナウイルスで自動運転技術の有用性の認知がさらに広がり、今後さらに活気づくことが予想される自動運転業界。転職情報サイトを覗いてみると、軽く100を超える職種が用意されている。選び放題と受け取れなくもないが、細分化されればされる...