市場

因縁のライバル、日本vs韓国「自動運転」市場の勝者は?

何かと比較されることが多い日本と韓国。隣国であり、東洋文化を背景にした共通点を持つ一方、政治的な背景からライバル視・敵視するような見方もあり、さまざまな場面で比較対象とされることが多いようだ。 では、自動運転分野ではどうだろう...

なぜ「仮想通貨」は解禁され、「ライドシェア」は禁止なのか

仮想通貨取引所FTXの破産が大きな話題となっている仮想通貨。2010年代に市場を急拡大した仮想通貨は、後付けで公的に定義化・制度化されつつもまだまだ波乱含みの展開が続きそうだ。 同様に、2010年代に市場を拡大した領域がモビリ...

Amazonが大失着?自動運転部門の縮小は「未来へのリスク」

景気低迷が続く中、米Amazonがコスト削減の一環として部門の整理を進めているようだ。情報は錯綜しているものの、一部ではAlexa(アレクサ)関連や自動運転関連といった先端技術の分野も整理の対象と報じられている。 将来の成長分...

三菱UFJ、車中決済で「自動運転市場」に参入か DMPと合弁

高精度3次元地図やダイナミックマップの作製を手がけるダイナミックマップ基盤(本社:東京都中央区/代表取締役社長CEO:吉村修一)=DMP=と、三菱UFJ銀行(本店:東京都千代田区/取締役頭取執行役員:半沢淳一)が、合弁会社を設立した...

LiDARとは?読み方は?(2022年最新版)

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

自動車データ収益化の世界市場、2028年に10兆円規模!どんなデータが売れる...

米調査会社のEmergen Researchがこのほど、世界の自動車データ収益化市場の予測を発表した。同社によると、コネクテッドカーの急増などを背景にCAGR(年平均成長率)38.5%の伸びを見せ、2028年に869億1,000万ド...

自動運転、未来のトップ企業は「テスラ」!業界幹部の回答で最多

KPMGジャパンはこのほど、自動車業界を対象とした調査レポート「グローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2021」を発表した。 「パワートレインの未来」「消費行動のデジタル化」「新たなテクノロジー」「サプライチェ...

「2030年に新車販売の20%が自動運転車に」 ファーウェイ、2030年の中...

中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)は2021年9月、パートナー企業などと開催した「インテリジェントワールド2030フォーラム」において、今後のモビリティ業界のトレンド予測などを紹介した。 具体的には、2030年までに中...

空飛ぶクルマ市場のCAGR、2021~35年は47%!急拡大の要因は?

市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが発行した「空飛ぶ自動車の市場規模 - 業界動向・予測レポート 2035年」によると、2021年から2035年の空飛ぶクルマ市場のCAGR(年平均成長率)は47.23%となる見込...

車内照明市場、2026年に57億ドル規模!自動運転車の裾野産業にビジネスチャ...

世界の自動車用インテリア照明市場は、2026年までに57億6,160万ドルに達すると予想され、2020年から2026年のCAGR(年平均成長率)は6.0%となる見込みのようだ。市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが...