商用車

いすゞは欲しい!年収1,000万円で自動運転エンジニアを

いすゞ自動車の2021年3月31日時点での平均年収は759万円だ。しかし、800万〜1,000万円の給与を支払う条件で、ある仕事を担当する正社員を募集している。その仕事が「自動運転に関する走行環境の認識技術開発」、つまり自動運転向け...

自動運転車、ホンダがレベル3発売へ!トヨタは商用車、日産はタクシーで勝負?

ホンダが世界初の自動運転レベル3の市販化に大きく前進した。同社の自動運転システム「トラフィック・ジャム・パイロット(TJP)」が国土交通省の型式指定を取得したのだ。 TJPを搭載したフラッグシップモデル「LEGEND(レジェン...

【資料解説】「物流MaaS勉強会」取りまとめ、その概要は?

経済産業省はこのほど、2019年12月に開催した物流MaaS勉強会の成果を取りまとめ、その内容を発表した。この取りまとめの内容を踏まえ、2020年度は商用車メーカーなどと協働して具体的な取り組みを行い、「物流MaaS」の実現と課題解...

自動車需要、2030年に商用車が52%に CASEのうち「自動運転」や「シェ...

PwC Japanは2019年2月26日までに、「商用車が牽引する将来の自動車業界動向」と題したレポートを公表した。このレポートの中では、現在は世界における自動車の需要の25%は商用車だが、2030年には需要が52%まで高まると指摘されてい...

ボルボの自動運転戦略まとめ コネクテッドカーの開発状況は?トラック部門は?

スウェーデンを拠点とする自動車メーカーVOLVO(ボルボ)。創業以来安全性にこだわったクルマづくりに誇りを持っており、その精神は乗用車部門(ボルボカーズ)と商用車部門(ボルボグループ)に分かれた今なお両社に受け継がれている。 ...

自動運転トラックの開発状況&企業まとめ 利点は? 実現はいつごろ?

自動運転の技術は自家用車のみではなく、商用車・トラックなどの物流分野においても研究開発が進められており、市販トラックは自動運転レベル2(部分運転自動化)の導入が2018〜2019年にも始まる。 また、トラックの隊列走行の実証実...

フランス部品大手ヴォレオ、ベルギーWABCO社と提携 運転支援や自動運転の分...

フランス自動車部品会社大手のヴァレオ社とベルギーの商用車向けシステムサプライヤーであるWABCO社は2018年9月25日までに、商用車に関する安全制御最新技術に関する基本合意書(MoU)を締結したと発表した。 両社はドイツ国内...

苦渋の決断?…かさむ自動運転開発費、世界1位の独VWグループが提...

日本を含む世界の自動車メーカーが、自動運転技術の開発のために巨額投資に乗り出している。 自動車業界では自動運転の技術開発レベルが、今後の市場競争力に大きく結びつくと言われる。そのため多少の費用面で無理が生じても、費用をつぎ込ま...

UDトラックス社、2030年目途に完全自動運転や電動化実現へ

スウェーデンの多国籍企業「ボルボ・グループ」の子会社で、商用大型車メーカーのUDトラックス株式会社(本社・埼玉県上尾市/代表取締役社長・村上吉弘)は2018年4月23日、2030年を目途に完全自動運転の実現や大型フル電動トラックの量...

中国、自動運転走行テストのガイドライン発表 非公共ゾーンでの事前試走義務付け...

中国政府はこのほど、自動運転車の公道試走に関するガイドラインを発表した。米国や欧州、アジア各国で自動運転技術の開発が進む中、世界的な自動運転車の市場競争に出遅れないよう、今後、法整備を含めた自動運転車に関連する環境整備を加速させたい...