参入

【2024年4月の自動運転ラボ10大ニュース】日本版ライドシェア事業がスター...

国内では自家用車活用事業がスタートし、ライドシェア関連の話題が熱気を帯びている。この熱は今しばらく冷めることなく続きそうだ。海外では、Waymoや中国勢に新たな動きが出ている。着々と自動運転サービスの幅を拡大しているようだ。 ...

タイミー、ライドシェア参入か 労使の「直接契約」が前提

「働きたい時間」と「働いて欲しい」時間をマッチングするスキマバイト募集サービス「タイミー」。働き手側としては隙間時間を有効に使え、企業側は繁忙期・時間帯の人材確保ができるツールとして、いま利用者が急上昇中だ。 内閣府が公表して...

三菱地所、空飛ぶクルマ市場に参入!空陸兼用コンセプトを発表

三菱地所子会社の三菱地所設計はこのほど、次世代エアモビリティのデザインや運用システムに関わる提案を発表した。都市計画や建築・設計を手掛ける同社ならではの「都市×建築×次世代エアモビリティ」案だ。 同社は近年、モビリティ関連のア...

ライドシェア解禁!・・・沈黙貫くトヨタ、参入見送りか

日本版ライドシェアが2024年4月から始動するにあたり、大手企業もライドシェアビジネスへの参入を次々に発表している。 大手電気機器メーカーのオムロンのグループ会社であるオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)は、全国の自治...

タクシー会社限定ライドシェア、UberとDiDi「裏方役」で苦渋の参入

2024年4月からライドシェアがタクシー会社に限定して解禁される。タクシー会社以外はサービスを展開できない形で、ライドシェアの世界的大手企業であるUberやDiDiを実質的に締め出すような解禁と言える。 そんな中、UberとD...

家具商社も参入!自動運転市場、ビジネスチャンスは無限大

家具の総合商社である株式会社関家具(本社:福岡県大川市/代表取締役社長:関正)が開発したシートがこのほど、新型自動運転モビリティに採用された。 久留米工業大学、同大学発のベンチャーLe DESIGN、パーソルクロステクノロジー...

シャープ、自動運転市場に参入 車載視野に衛星アンテナを開発

シャープが自動運転市場に参入する。小型で軽量の衛星通信アンテナを開発して自動車に搭載し、高速大容量通信により車両の自動運転化に貢献することなどを目指す。 同社がこのほど発表した内容から明らかになった。LEO(低軌道)・MEO(...

【2023年11月の自動運転ラボ10大ニュース】米Cruiseが無人タクシー...

国内では、自動運転の社会実装に向けた取り組みが再加速し始めた。先行する米中に追い付くべく、国が取り組み促進に向けた動きを強めている印象だ。民間も、アイサンテクノロジーなどが自動運転バスの広域展開に向けた取り組みに本格着手している。 ...

あの人材大手も!?自動運転「意外な参入企業」10社

実用化に向け黎明期を迎えた自動運転技術。社会実装・サービス化を通じて技術向上を加速するフェーズに突入し、開発競争もいっそう激化している。 自動運転分野が本格的に花を咲かせるのはもう少し先になりそうだが、新産業としての注目度は高...

人材大手パーソル、自動運転ビジネスに参入 「ベンチ型」を子会社が開発

総合人材サービスを展開するパーソルグループが、自動運転事業に参入した。グループとして自動運転関連のソフトウェア技術者の募集などをしていたことが知られていたが、このほど子会社がベンチ型自動運転モビリティの設計開発をした。 テクノ...