半導体

【2022年11月の自動運転ラボ10大ニュース】Argo AI停止、SBGは...

国内ではレベル4導入に向けた関連法令の改正案が公表されるなど、自動運転の本格導入に向けた事前の取り組みが活発化している。一方、海外では有力スタートアップが事業停止を余儀なくされるなど、一部で情勢が大きく変化しているようだ。 世...

孫氏が宣言「私はArmに没頭する」 自動運転で爆発的成長へ

ソフトバンクグループは2022年11月11日、2023年3月期第2四半期の決算説明会を開催した。2022年4〜9月の売上高は前年同期比6.7%増の3兆1,824億円、最終損益は1,290億円の赤字となった。前年同期の最終損益は3,6...

さよならNVIDIA?GM Cruise、自動運転チップを自社開発

GM傘下で自動運転開発を行うCruiseが、自動運転車用の半導体チップを独自開発したことが明らかになった。ロイター通信のインタビューで同社のハードウェア責任者がこのほど明かした。 ■「有名ベンダー」に対して多額の費用 C...

上海市、自動運転「10兆円産業に」 2025年までに達成

中国の上海市が、2025年までに自動運転産業を5,000億元(約10兆3,000億円)規模の産業に成長させる計画を立てていることが明らかになった。香港で発行されている英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」などの報道で判明した。...

超有望タッグ!英Arm、自動運転でGM傘下Cruiseと提携

半導体・プロセッサ開発メーカーの英Arm(アーム)はこのほど、米GM傘下のCruise(クルーズ)がArmのCPU(中央演算処理装置)とIP(知的財産権)を活用し、自動運転車(ドライバーレスカー)をさらに進化させるために提携したこと...

自動運転関連の投資信託・ETF一覧(2022年最新版)

VCなどが多額の資金を投じ始めている自動運転業界。次々と頭角を現すスタートアップやベンチャー企業への先行投資をはじめ、自動運転技術に関連した製品開発などを手掛ける上場企業にも投資の目は向けられており、近年は個人投資家向けに自動運転銘...

Armが自動運転で存在感!SBGの「救世主」になるのか

ソフトバンクグループの一セグメントを担う半導体設計企業の英Arm(アーム)。NVIDIAへの売却話は流れたものの、AIやIoT、自動運転といった成長産業のキープレイヤーとしてさらなる飛躍に高い期待が寄せられている。世界的な株安で業績...

NVIDIAの自動運転チップ、EV企業の推定シェアは60%強

EV(電気自動車)業界においても、半導体大手の米NVIDIAのシェアは着々と広がっているようだ。同社は2022年3月22日に開催された自社カンファレンス「GTC」の中で、自動運転に適した車載半導体「NVIDIA DRIVE Orin...

ルネサス「1,000億円以上の商談獲得」 自動運転・ADAS向けAIで

半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、自動運転・ADAS分野向けのAI(人工知能)システムに関し、すでに1,000億円以上の商談を獲得していることが分かった。同社が転職サイトに新たに掲載した求人情報から判明した。 ルネサスエ...

Arm売却断念による上場案、孫氏「元々あった案、プランAだ」 

ソフトバンクグループ(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)は2022年2月8日午後、2022年3月期第3四半期(2021年4〜12月)の決算発表を行った。 決算発表に先立ち、ソフトバンクグループは2016年に買収し...