北京

自動運転の第2回日中合同セミナー、実用化への取り組みなどテーマ 経済産業省が...

経済産業省は2019年9月2日までに、中国・北京で「第2回自動運転に関する日中官民合同セミナー」を9月20日に開催すると発表した。日中における自動運転分野に関する交流と協力を強化することが目的。 このセミナーは日本の経済産業省...

中国の自動運転タクシー、初実現は「滴滴」か「百度」か

中国ライドシェア最大手の滴滴出行(Didi Chuxing)が、数カ月以内に上海市内で自動運転タクシーの運用を開始する計画であることが、2019年8月31日までに分かった。ロイター通信が滴滴出行のCTO(最高技術責任者)であるZha...

狙いは?小池都知事、中国の自動運転シティ「雄安新区」視察へ

2019年8月26日から中国・北京を訪問する東京都の小池百合子知事は23日、自動運転の普及を前提として都市開発が進められている「雄安新区」を訪問することを、記者会見の中で明らかにした。 小池知事は会見で「自動運転の競い合いが今...

トヨタ、2022年の北京冬季五輪を支援 自動運転技術も駆使?

2022年の北京冬季オリンピックで、トヨタ自動車は先進技術を使って大会の成功に尽力する。2019年4月21日の報道発表でそのことについて触れている。 具体的には、MaaS車両として今後活躍する自動運転EV「e-Palette」...

トヨタ自動車、自動運転とAIの研究拠点を中国に開設か

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)が、自動運転や人工知能(AI)についての研究開発を担う拠点を、中国の北京市などに設置する方針のようだ。日刊工業新聞が2019年2月15日に報じた。 報道によれば、中国...

日本は中国を見習うべきか…自動運転の環境整備、躊躇一切なし

米国を中心にポールポジション争いが今なお続く自動運転開発レース。しかし近年、中国がものすごい勢いで台頭し、米国の座を脅かし始めている。 国家主導のもと大胆な施策で自動運転社会の未来像を手繰り寄せている中国。一方で日本はどうか。...

中国IT大手テンセント、米シリコンバレーで自動運転エンジニアを募集

中国の大手ネット企業テンセントが自動運転技術に関し、米カリフォルニア州のシリコンバレー北部端にあるパロアルト市で働ける人材を会員制のSNS「LinkedIn」上で募集している。2018年11月11日までにロイター通信が報じた。 ...

中国ライドシェア大手DiDi、深夜営業を一部中止 警察当局が指導強化、深夜帰...

中国ライドシェア大手の中国ライドシェア最大手・滴滴出行(本社:北京市/社長:ジーン・リウ)=DiDi Chuxing=に対する警察当局の指導が強化されている。同社はこれを受け、2018年9月19日までに深夜営業を一部制限した。 ...