加藤真平 に関する記事

【激論・自動運転】「値」で示す法律を、「AIの行儀」も重要 自動運転AIチャ...

自動運転の精度や認識技術を競う自動車技術会主催の技術競技会「自動運転AIチャレンジ」が2019年3月23日、24日の2日間、東京大学の柏キャンパス(千葉県)で開催された。 大会の模様は既に「【大会ルポ】太陽や風も難敵に…「自動...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が「自動運転AIチャレンジ」のパネルディ...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、「自動運転AIチャレンジ」のサイドイベントとして2019年3月24日(日)に東京大学で開催されるパネルディスカッションに登壇することが決まりまし...

オープンソース「歴史上必ず勝る」…自動運転OSの第一人者・ティアフォー加藤真...

「ソフトウェアの歴史上、オープンソースじゃないソフトウェアがオープンソースのソフトウェアにシェアで打ち勝ってきた例はほとんどない」 自動運転ソフトウェア開発の第一人者である加藤真平氏(ティアフォー社会長)は2019年2月21日...

【10名様にプレゼント】「Autoware:自動運転ソフトウェア入門」が発刊...

自動運転領域に興味・関心があるエンジニアにとっては待望の一冊となる単行本『Autoware:自動運転ソフトウェア入門』(リックテレコム)が発刊された。2015年からオープンソースとして公開されている自動運転ソフトウェア「Autowa...

ティアフォーの自動運転戦略まとめ Autowareとは?

名古屋大学発の自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)。設立から丸3年が経過し、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware(オートウェア)」を武器に活躍の場を世界...

オープンソースの自動運転OS「Autoware」普及へ国際業界団体設立 ティ...

世界初の自動運転技術に関する国際業界団体「Autoware Foundaiton」が2018年12月10日までに設立された。誰でも無償で使える自動運転OSとして国際的に導入が広がる国産の「Autoware(オートウェア)」を一層普及...

日本初!実車使用した自動運転AIコンテスト開催 自動車技術会が主催、舞台は東...

実車を使用した自動運転コンテストとしては日本初——。自動車技術会(会長:坂本秀行)は2018年11月27日、「Japan Automotive AI Challenge(自動運転AIチャレンジ)」を2019年3月23日と24日の2日...

【独占】ティアフォー、自動運転技術のグローバルアライアンス結成へ 自動運転ソ...

名古屋大学発の自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)が、同社が開発・公開している自動運転向けのオープンソースソフトウェア「Autoware(オートウェア)」を本格的に世界展...

損保ジャパン、自動運転車の事故トラブル対応サービスの研究拠点を開設 ティアフ...

損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区/社長:西澤敬二)は2018年9月28日、遠隔型自動運転運行サポート施設「コネクテッドサポートセンター」を開設したと発表した。自動運転社会の実現を見据え、損害保険会社が果たすべき役...

東京大学発スタートアップのアイデミー、AIプログラミング学習サービスに深層強...

東京大学発スタートアップである株式会社アイデミー(本社:東京都文京区/代表取締役CEO:石川聡彦)のAI(人工知能)プログラミング学習サービス「Aidemy」に、自動運転技術でも活用されている強化学習などについても学べる「深層強化学...