交通

MaaSとは?(2023年最新版)

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2023年に入ってもその勢いは衰える...

関係者必読!SIP第2期自動運転、全300ページの最終報告書

自動運転の社会実装を推し進める国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」が2022年度末で終了する。第1期、第2期合わせ9年間に及ぶ長期事業だ。 この一大プロジェクトの第2期における成果をまとめた「最終成...

日本製「自動運転ロープウェイ」が、マレーシアの渋滞を解消!?

自動運転の都市型ロープウェイを開発する日本企業のZip Infrastructure株式会社(本社:神奈川県秦野市/代表取締役:須知高匡)はこのほど、マレーシア科学大学とマレーシアの交通渋滞解消に向け、都市型自走式ロープウェイの導入...

MaaSがなぜ必要なの?(2022年最新版)

人の移動を担う新たな概念・サービスとして定着しつつあるMaaS。その効果は、アプリ活用による利便性向上にとどまらず、地域が抱える交通課題の解決に寄与するものとして注目を集めている。 MaaSがどのように交通課題を解決していくの...

空飛ぶクルマの実用化時期は?(2022年最新版)

陸の自動運転車同様、空の移動にイノベーションを起こす「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた取り組みが着々と進められている。 海外の一部ではすでに大型契約のもと量産段階を迎えつつあるが、国内はどのような状況となっているのか。2022年...

海外輸出、「原発」から「交通ソフトインフラ」の時代に

MaaSやAIオンデマンド交通をはじめとした交通ソフトインフラの海外展開に向け、国が大きく動き出したようだ。 日本国内をはじめ世界各国でCASEやMaaSの潮流が加速しており、各国の技術は徐々に国境を越え始めている。日本も国内...

自動運転車、信号機なしで走行!NTTが技術確立

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:澤田 純)=NTT=は2022年6月3日までに、実環境において交通をリアルタイムに全体最適制御する技術を、世界で初めて確立したと発表した。 NTTが目指す「シグナルフ...

MaaSの補助金制度、新年度の公募が続々スタート

MaaSに関する補助金を受けられる制度があるのをご存じだろうか。そのうちの1つが、国土交通省が「日本版MaaS推進・支援事業」として展開しているもので、2022年度の公募もこのほどスタートした。公募受付期間は4月5日〜5月16日とな...

乗車券のデジタル化、「RYDE PASS」ベースに実現!近江鉄道が連携

デジタル乗車券「びわこ京阪奈線フリーきっぷ」などの発売が2021年12月1日までにスタートした。二次交通のDXを推進するRYDEが提供するモビリティプラットフォーム「RYDE PASS」を導入することで、乗車券のデジタル化が実現した...

トヨタのMaaSアプリ「my route」、各地で利用広がる!JR九州などの...

トヨタが展開するMaaSアプリ「my route(マイルート)」が、さまざまな実証実験やサービスで利用されるようになっている。例えば最近では、JR九州などが取り組む北九州でのMaaSサービスで、my routeを通じて観光にお得なチケットを...