事故

わずか3500回再生…もっとバズるべきトヨタの自動駐車動画 センサーを活用し...

トヨタは去年2019年の12月19日、ある1本のYouTube動画を公開した。新型車ヤリスに搭載する高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park]」だ。そのYouTube動画が下記だ。3500回程度しか再...

事故状況、コネクテッドカーのデータで正確に把握!トヨタ車両など向けにサービス...

コネクテッドカーで記録された走行データを活用すると、交通事故の正確な状況を客観的に把握することが可能になる。こうした仕組みを活用した事故対応サービスが、トヨタとレクサスのコネクテッドカー向けに2020年3月から提供されるようだ。 トヨ...

JR九州、営業終了後に自動運転装置の走行試験を実施へ

九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市/代表取締役社長:青柳俊彦)は2019年12月23日までに、12月下旬から2020年2月中旬にかけ、自動列車運転装置の走行試験を25日間程度実施すると発表した。 試験区間は香椎線の「西戸...

豊田市の自動運転事故のなぜ 事故検証委の報告内容を考察

愛知県豊田市内の公道で2019年8月26日に発生した試験走行中の自動運転車による事故に関し、事故検証委員会は11月28日、検証結果を発表した。報告では、リスクアセスメントやフェールセーフ対策の不足などが指摘され、数々の再発防止策が提...

Uberの自動運転死亡事故、やはり係員のスマホ動画視聴が原因

やはりウーバー(Uber)が2018年3月に米アリゾナ州で起こした自動運転の事故は、人的な理由が事故原因となったようだ。 米国家運輸安全委員会(NTSB)はこのほどこの事故の原因について、実証実験の担当者として自動運転車に乗っ...

自動運転タクシー、「念のため係員も」から「完全無人」へ

米Google(グーグル)系の自動運転開発会社Waymo(ウェイモ)が2019年11月までに、米アリゾナ州フェニックスでセーフティドライバーを同乗させない無人自動運転タクシーのサービス提供を一部で開始したようだ。 2018年1...

自動運転、Uber CEO「単純タスクなら3〜5年、フルは5〜10年」

自動運転技術の開発にも力を入れるライドシェア世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズ。同社のダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)が自動運転技術について米新興メディアのインタビューに答え、そのインタビュー動画がYouTubeで公開...

米ウーバー、自動運転による死亡事故前にも交通事故37件 ソフトウェアにも欠陥...

ライドシェア世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズは、ライドシェア事業だけではなく、自動運転開発にも力を入れている。専門部署として「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」を立ち上げ、商用サービス提供で先行するGoogle...

自動運転時代は「時速40km」制限——その納得がいく理由

昨日公開した「これ凄い…自動運転時代、「ナナメ横断」どこでも可能に」という記事に引き続き、「Blueprint for Autonomous Urbanism Second Edition」という全米都市交通局(NACTO)の資料か...

これ凄い…自動運転時代、「ナナメ横断」どこでも可能に

全米都市交通局(NACTO)が発表した「Blueprint for Autonomous Urbanism Second Edition」という英文の資料の中で、実に面白い見通しが説明されている。簡単に言えば「自動運転時代にはどこで...