事故

【2022年6月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル4市販車発売計画が明らか...

2022年6月は、自動運転時代がものすごいスピードで迫ってくるようなニュースが飛び交った。中国・百度(バイドゥ)の合弁がレベル4搭載車両のコンセプトカーを発表し、2023年にも納車を開始するという。 レベル3の公道走行における...

「自動運転車は高くて買えない」 独アウディの見解は?

各国で自動運転車の開発が急速に進む一方、安全面や機能などに対する懸念の声もある。自動運転車の実用化に向けては、自動運転に対する人々の理解を促し、社会受容性を高めていく必要がある。 そんな中で独アウディは、「自動運転車に対する通...

自動運転車の事故、Waymoが62件で最多 米当局が公表

NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)は2022年6月19日までに、自動運転レベル3〜5のADS(自動運転システム)と、自動運転レベル2のADAS(先進運転支援システム)に関し、2021年7月以降に報告を受けた事故データについて公表...

事故の教訓活かす!静岡県、新たな自動運転実証を発表

静岡県は2022年6月19日までに、県内3カ所の公道で自動運転車の実証実験を行うことを発表した。 2018年5月に静岡県が発足させた 「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」の一環で実施され、掛川市で2022年8月と11月、松...

自動運転で人が絡む労災・事故・ヒヤリハット、厚労省サイトにおける掲載事案

自動運転の実証加速とともに、事故や事案、ヒヤリハット事例などが表面化してきた。開発者サイドによる事案が大半だが、中にはサービス事業者サイドによる事案も見受けられる。 この記事では厚生労働省の労災関連サイトを掲載されている事例を参考に、...

アメリカの自動運転最新事情(2022年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

福山市の自動運転バス事故、発生時は「レベル3相当」で走行

広島県福山市で公道実証中の自動運転車が、並走するトラックに接触する事故が発生した。けが人はなく、原因については現在調査中のようだ。 今回の事故はどのような状況で起きたのか。福山市における実証概要とともに解説していく。 ...

Joby Aviationとは?「空飛ぶクルマ」で世界をリード(2022年最...

空飛ぶクルマの実用化に向け、開発や市場化に向けた取り組みが加速するeVTOL(電動垂直離着陸機)業界。国内ではSkyDriveやテトラ・アビエーション、海外勢では中国のEhangや独Volocopterなど、名前が売れ始めた企業も続...

研究開始から4年9カ月!「自動運転システム提供者専用保険」登場

4年9カ月をかけ、損害保険ジャパンが自動運転レベル4以上に対応した「自動運転システム提供者専用保険」の開発にこぎつけた。 この保険は、事業者が使う自動運転車に対し、自動運転システムの提供者が保険を付保する契約方式で提供される。...

自動運転システムの役割・仕組みまとめ(2022年最新版)

日進月歩で開発が進む自動運転。条件付きで自動運転を可能とするレベル3、一定条件下で無人運転を可能とするレベル4の社会実装が始まり、現在普及期を迎えつつある。レベル4以降の自動運転技術では、ドライバーの存在を完全に排除した無人システム...