事故

自動運転の「トラブル事例」一覧(2024年最新版)

自動運転車の実用化に向けた取り組みが世界各地で加速している。米国や中国では実用段階に入っており、一部地域で有料サービスが始まっている。日本をはじめとした各国も今後この動きに追随していくことが予想される。 社会実装が本格化し始め...

GM、自動運転タクシー再開へ「手動運転」でデータ収集開始

米自動車メーカー大手のGMは2024年4月10日までに、全米で営業停止していた自動運転タクシーのサービス再開に向け、「手動運転」によるデータ集めを一部都市で再開すると発表した。 同社の公式ブログによれば、まずアリゾナ州フェニッ...

自動運転の課題(2024年最新版) 事故責任は誰に?ハッキング対策は?

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる「自動運転技術」により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。 多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、ま...

中国の自動運転車?ダミー人形、衝突で吹っ飛びこなごなに

X(旧Twitter)である映像が投稿され、波紋を広げている。 投稿では中国のEVメーカー「Li Auto」の自動ブレーキテストの様子だと説明されているが、真偽のほどは定かではない。しかし、改めて自動運転技術を不安視する声が高...

自動運転、飲酒死傷事故の「ゼロ化」可能に 2023年は435件発生

警察庁はこのほど、2023年に発生した交通事故の状況をまとめた。交通事故死者数は前年から68人増の2,678人となり、8年ぶりに増加に転じた。 重大事故につながりやすい飲酒運転による事故も前年比8.3%増の2,346件で、この...

歩車分離式信号の「渋滞誘発のジレンマ」、自動運転車が解決へ

交通安全に一定の効果があるとされる歩車分離式信号。この20年で設置個所は微増し続け、その数は全国で1万基を超えた。車両と交差点を横断する歩行者が交錯することがないため、交差点における歩行者の安全確保に一定の効果を発揮する。 一...

自動運転バスの事故、原因は「人間」 千葉県横芝光町で踏切遮断機と接触

自動運転バスの実証実験中に接触事故が発生した。ただし自動運転バスは「手動運転中」で、けが人や物損はないという軽微なものであった。 接触事故は、2024年3月7日に千葉県横芝光町での自動運転バスの実証実験中に起こった。JR横芝駅...

アメリカの自動運転最新事情(2024年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

過去の死傷事故、「自動運転車同士」なら回避率89.5% 国交省調査

ドライバーに依存しない無人走行を可能にする自動運転技術。職業ドライバー不足の解消や道路交通の安全向上に資する技術として、開発と社会実装が世界で本格化している。 では、自動運転技術が大きく普及した将来において交通事故はどれほど削...

ドバイの公共交通、25%を自動運転化へ!2030年目標、約9,000億円の経...

アラブ首長国連邦(UAE)の中心都市であるドバイでは、2030年までに公共交通機関の25%を自動運転にするという計画がある。 これはUAE政府が策定した「ドバイ自動運転交通戦略」の一部で、ドバイ道路交通局(RTA)がすでに立て...