マネタイズ

「Slowな自動運転」でマネタイズ!中国で無人清掃車が稼働

中国の国営通信社である新華社の報道によると、同国のベンチャー企業であるWeRide(広州文遠知行科技)の開発する自動運転清掃車の運用が、広東省広州市でスタートしたという。 以下のYouTube動画で、同社が開発した自動運転清掃車が運用...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平がウェビナー「OSS X Users M...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平は、2022年3月23日(水)に開催される無料ウェビナー「OSS X Users Meeting #33 ~オープンソースが創造する未来~」で講演す...

自動運転車に「勝手に稼がせる」6つのアイデア

自動運転開発を手掛けるイスラエルのMobileyeが中国自動車メーカーと手を組み、レベル4自家用車の開発に乗り出した。無人走行が可能な本格的な自動運転をマイカーで味わえる日は、意外と早くやって来るのかもしれない。 こうした自家...

自動運転タクシー「収益化は極めて厳しい」 米論文、競争激化で

自動運転タクシー事業の収益化は極めて難しい——。アメリカの研究者2人がゲーム理論モデルを使い、こうした研究結果を論文で発表した。自動運転タクシーは人件費を劇的に削減できるのに、どうしてこのような結論に至ったのだろうか。 ■事業者間...

2021年以降のMaaS開発、将来の収益化に向けて持つべき視点は?下山哲平氏...

近年盛り上がりを見せる「MaaS」(Mobility as a Service)。導入実証が盛んになり、実サービスとしての展開も一部地域でスタートしている。そんな中、MaaS分野への参入を検討している企業も多いはずだ。 しかし...

自動運転車のデータ収集からマネタイズまで!(特集:マクニカのスマートモビリテ...

自動運転車は走行しながらさまざまな種類のデータを生成する。そしてそのデータ量も膨大なものとなる。そのため、データの効率的な収集や管理には、走行のための技術とは別の技術やソリューションが必要となる。 こうした点においてサポートを...

営業利益が3年で10倍!自律移動型ロボメーカーの中国Quicktron、新た...

自律移動型ロボット(AMR)メーカーの中国Quicktron Intelligent Technolgyは2021年2月3日までに、新たな資金調達ラウンドを完了したことを発表した。 今回の資金調達ラウンドを無事終えた背景には、...

MaaSのマネタイズ、無限の可能性!「フィービジネス」はあくまでベース?

世界的な潮流となりつつあるMaaS(Mobility as a Service)。国内でも政府の音頭のもと各地で民間企業や自治体が積極的に実証を進めている。 移動の利便性を高めることが目的だが、事業に継続性を持たせるためにはマ...

100年に一度の大変革期!自動車やスマートシティ、ウェビナーで成長戦略の在り...

100年に1度の大変革期を迎えている自動車業界。自動運転やMaaSでモビリティや移動に関する常識は書き変えられる。スマートシティの取り組みも加速している。そんな中、自動車やモビリティ、スマートシティに関わる企業は今後、どのように成長...

自動運転化でタクシー台数はV字回復!?ラッピング広告に商機

人口減社会の到来とモビリティ革命によって事業構造改革が必須となっているタクシー業界。車両台数は微減傾向が続いており、配車アプリや事前確定運賃の導入、MaaSへの積極参加など、次世代に向けたさまざまな取り組みを加速している。 一...