データ

自動運転シャトル「300円以下では事業化困難」 マネタイズに必要なことは?

東京都住宅供給公社(JKK東京)と群馬大学は、2022年9〜10月に東京都町田市で自動運転車両を活用した実証実験を実施し、その結果報告書をこのほど公表した。 報告書では、アンケート結果を踏まえた考察として「大多数を占める希望運...

1日1台767TB!?自動運転車のデータ処理で「驚愕の数字」

「1日1台あたり767TB(テラバイト)」──。これが何の数字かわかる人はいるだろうか。答えは、自動運転に必要とされているデータ処理量だ。自動運転車は、1日1台あたり767TBを処理する必要があるという。 この数字は、経済産業...

突風を可視化!空飛ぶクルマを「乱気流」から守る

「空飛ぶクルマ」の実用化に向けたテクノロジーの進展がめざましい昨今、上空移動の障害となる問題を解決する技術が様々な側面から開発されている。 そんな中、風況予測技術を手掛けるメトロウェザー株式会社(本社:京都府宇治市/代表取締役...

自動運転×交通管理AIに商機!新興AI transportationに注目

自動運転分野での活躍を期する新たなAI(人工知能)スタートアップに注目が集まりそうだ。スマート交通ソリューションの開発を手掛けるAI transportation(本社:東京都板橋区/代表取締役:山本一輝)が、スマートシティや次世代...

Waymoの自動運転戦略(2023年最新版)

2018年12月に自動運転タクシーを世界で初めて商用展開し、現在は自動運転トラック事業にも力を入れ始めているGoogle系Waymo。自動運転開発で世界をリードしている存在と言える。 そんなWaymoは2021年6月、25億ド...

自動運転、「悪いイメージ」たった3.8%!普及に追い風

自動車を保有する人を対象にしたアンケート調査で、興味深いデータが明らかになった。自動運転機能が発展していくことについて「悪いイメージがある」という回答した人は、わずか3.8%にとどまった。 世論が自動運転技術に期待するようにな...

超重要!自動運転技術を生かす都市構造、ガイドライン作成へ

自動運転時代の都市構造や都市交通、交通施設のあり方などについて検討を進める「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」は2023年度以降、自動運転車両の導入や関係する都市施設の整備・デザインに関するガイドラインの作成に着...

地図不要で自動運転!あいおいが資本提携、注目の英ベンチャー

あいおいニッセイ同和損害保険はこのほど、GPS(全地球測位システム)や高精度3次元地図データに依存することなく自動運転を可能にする、あるベンチャー企業と資本業務提携を行った。その企業とは、英オックスフォード大学発スタートアップのOx...

1,000兆バイトの学習データで、「人の頭脳」的な自動運転

自動運転レベル5のEV(電気自動車)の実現を目指しているTURING株式会社(本社:千葉県柏市/代表取締役:山本一成)=チューリング=は、より人間の判断・頭脳に近いAI(人工知能)自動運転システムの実現を目指している。 ...

Google、自動運転車で気象観測!データ販売で小銭稼ぎ?

米Google傘下の自動運転開発企業Waymo(ウェイモ)は2022年11月18日までに、世界で初めて自動運転車が自ら「気象観測」を行う取り組みに着手していることを発表した。 気象データは同社の自動運転システム「Waymo D...