カリフォルニア に関する記事

中国DiDiの自動運転戦略まとめ トヨタ・ソフトバンクと蜜月関係?

ライドシェアをはじめとした配車サービスで世界最大手争いを繰り広げる中国のDidi Chuxing(滴滴出行/ディディチューシン)。2018年に進出を果たした日本では「タクシー配車サービス」として知名度を上げているが、自動運転をはじめ...

グーグル系ウェイモ、自動運転タクシー車内で無料Wi-Fi提供

グーグル系ウェイモが米アリゾナ州フェニックスで展開している自動運転タクシー「Waymo One」の車内で、無料Wi-Fiが試験的に使えるようになった。ロイター通信が2019年7月8日に報じた。 無料Wi-Fiの提供は乗客の利便...

カリフォルニア州、ウェイモに自動運転タクシーのサービス許可

自動運転タクシー事業を展開するグーグル系ウェイモに対し、カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)は2019年7月2日、自動運転タクシーで乗客を運ぶサービスを展開する許可を付与した。 ウェイモは現在、米アリゾナ州のフェニックスで自動運...

アメリカ、自動運転の実験車両1400台以上に 80社以上が取り組み

アメリカのイレーン・チャオ運輸長官は2019年6月12日までに、アメリカ国内で実証実験中のトラックを含む自動運転車両が1400台以上に上ることを明らかにした。実証実験を実施している企業数は80社以上に上るという。米メディアTechC...

自動運転”Appleカー”の試験走行距離、1年で95...

アップル社が米カリフォルニア州で実施している自動運転車の実証実験における走行距離が、2017年の838マイル(約1350キロ)から2018年は7万9745マイル(12万8400キロ)まで95.1倍に増えたことが、2019年2月15日...

「自動運転×アメリカ」の最新動向を解説 メーカーやIT系の開発進捗は?

自動車大国・米国。自動車製造業としてのかつての勢いは失ったかのように思われたが、自動運転の分野で再び輝きを取り戻しつつある。その背景には、自動車メーカーのみならずIT・テクノロジー系の巨大企業や無数に誕生するスタートアップの存在があ...

自動運転システム開発の米Apex.AI、17億円の資金調達発表 シリコンバレ...

自動運転ソフトウェアを開発する米シリコンバレーのスタートアップ企業Apex.AI社は2018年11月16日、シリコンバレーの老舗ベンチャー・キャピタル(VC)「カナン」などから1550万ドル(約17億円)の資金調達を実施すると発表し...

ウーバーの自動運転車による死亡事故、経緯や原因などの調査結果まとめ

自動運転車による歩行者を巻き込んだ初の交通死亡事故と言われる2018年3月に米アリゾナ州で発生した交通事故。米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズが自動運転の公道試験中に引き起こした事故だ。この件をはじめとした自動運転車の事故...

カリフォルニア当局、初の「無人走行」許可発出 第1号はグーグル系ウェイモ

自動運転開発を手掛けるグーグル系ウェイモが、カリフォルニア州内の公道でドライバーのいない無人運転試験を行う許可を同州車両管理局(DMV)から得たことが2018年11月2日までに明らかになった。カリフォルニア州では有人の自動運転車の試...

Appleに転職!自動運転やAI関連のエンジニア求人内容などを解説

自動運転技術の開発を進める米アップルは、自動運転技術の開発やAI(人工知能)分野の開発におけるソフトウェアエンジニアの募集を行っている。 札束舞う自動運転界…AI技術者1人に100億円も 自動運転エンジニアの年収・給...