カリフォルニア

名称に「待った」!テスラの「完全自動運転」オプション

米EV(電気自動車)大手のテスラは、2つの自動車向けソフトウェアを展開している。「オートパイロット」と「フルセルフドライビング(FSD)」だ。FSDはオートパイロットより高機能な有料オプションとして展開されている。 このFSD...

自動運転の歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

Amazon、自動運転タクシー展開へ 傘下企業が試験準備

米Amazonが自動運転タクシーのビジネスに参入する方針であることが分かった。ロイター通信の報道によれば、Amazonが過去に買収した傘下のZooxがカリフォルニア州当局に対して試験走行の許可を申請しており、試験後、商用サービスの展...

LiDARだけで自動運転!米加州、韓国企業に実証許可

米カリフォルニア州の道路管理局(DMV)はこのほど、「LiDARだけ」で自動運転を実現させる韓国企業Vueronに対し、公道における自動運転車の実証実験の許可を付与した。 カリフォルニアDMVは自動運転車の実証実験の許可に関し...

世界で実用化進む自動運転タクシー、米加州も「運賃取ってOK」

世界一自動運転実証が盛んと言われる米カリフォルニア州。2022年2月時点で49社が走行ライセンスを取得し、積極的に公道実証を積み重ねている。 そんな実証の聖地で、ついに本格的な自動運転タクシーの有償サービスが始まろうとしている...

自動運転タクシーの実用化が世界で加速!2022年2月の自動運転ラボ10大ニュ...

自動運転タクシーの実用化が大きく加速し始めたようだ。米国ではGM傘下のCruiseがサンフランシスコでサービスインし、中国ではAutoXが車両数1,000台を突破したと発表した。韓国でも自動運転タクシーの有料サービスが始まるようだ。...

カリフォルニアでの自動運転走行、企業別距離ランキング

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は2022年2月15日までに、セーフティードライバー付きの自動運転試験を許可されている企業の走行距離が、2020年12月〜2021年11月の1年間で合計約410万マイル(約660万キロ)に達したことを発...

Apple、自動運転事業はもう手遅れ?GoogleとGM、リード拡大

Appleは自動運転が可能な「Apple Car」を開発しているとされているが、今から開発スピードを高めてももう手遅れかもしれない。そう感じるくらい、GoogleやGMの勢いが増しているからだ。 米カリフォルニア州の道路管理局...

Apple、自動運転試験車1台と運転手16人を追加 カリフォルニアDMVに登...

自動運転開発を水面下で続けている米Appleが、公道走行の試験許可を受けている米カリフォルニア州の道路管理局(DMV)に対し、新たに1台の自動運転車と16人のドライバーを登録したようだ。米メディアが報じた。 これにより、DMV...

GM傘下Cruise、自動運転の年表!ハンドルなしのポッド型「Origin」...

「自動車メーカー×自動運転開発」で世界をリードする米GM Cruise(クルーズ)。2021年6月、米カリフォルニア州初となるドライバーレスによる自動運転タクシーのサービス許可を取得したと発表するなど、勢いは止まるところを知らない。...