カメラ

自動運転開発に有用!センサーフュージョン対応の「VR空間」登場

システム開発の株式会社理経(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:猪坂哲)は2020年11月24日までに、日本ナショナルインスツルメンツ(本社:東京都港区/代表取締役:コラーナ・マンディップシング)=日本NI=が取り扱う高精度センサー...

自動運転化、巨大化する市場と縮小する市場 カメラだけで2025年に1.5兆円...

まもなく社会実装の本格化が予想される自動運転技術。自家用車においては条件付きで自動運転を可能とする自動運転レベル3、移動サービス向けの商用車においては無人運転を可能とするレベル4搭載車両の市場化が見込まれている。2020年代は、自動...

農家に超朗報!収穫用コンテナが人に追従、AIと自動運転技術で実現

農業で手作業で収穫をする際には当然だが、収穫した野菜を入れるコンテナなども一緒に運ぶ必要がある。このコンテナを運ぶ作業は結構な手間だ。しかしこの手間が自動運転技術によって近い将来なくなるかもしれない。 ロボット開発企業の株式会...

「安全」と「安心」は大違い!自動運転の社会実装に向け、区別して考える必要性

自動運転に対する社会受容性も年々高まってきているが、半信半疑の人もまだまだ多い。未知の技術である自動運転の安全性を信頼できず、不安を拭えないからだ。 自動運転が社会に受け入れられるためには、「安全」と「安心」という2つのキーワ...

ADAS・自動運転用センサーの世界市場規模、2025年に2.4兆円に

民間調査会社の矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)はADAS(先進運転支援システム)用や自動運転用のセンサーの世界市場調査を実施し、市場概況や技術動向、自動車部品メーカーの搭載動向などを2020年11月11日...

自動運転とは?2020年にレベル3解禁、基礎知識を徹底まとめ!

高度な自動運転機能を備えたタクシー事業の実用化が米国で始まり、日本国内においても、日に日に自動運転の実用化が近付いてきているのを感じる。技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月に日本でも自動運転レベル3(条件付き運転自動...

自動運転モビリティの操作ガイドの募集も!自動運転&MaaS、気になる求人4選...

コロナ禍が「コンタクトレス」の有用性を多くの人に認識させたことで、自動運転技術への関心が以前より高まっている。民間企業の中にはこうした世論の動きを敏感に察知し、既存の関連事業の強化や新規事業の立ち上げに取り組んでいる企業も少なくない...

自動運転AIとデータの関係性は?データマネジメントの重要性(特集:自動運転車...

自動運転システムの根幹をなす技術として真っ先に挙げられるAI(人工知能)。自動運転における「脳」の役割を担い、自動車制御に関わるあらゆる判断を下す。 判断に要するデータは非常に多岐に渡り、膨大なデータを効果的かつ効率的に高速処...

自動運転、「心臓部」であるストレージに信頼性・堅牢性が必要な理由は?(深掘り...

多くのデータを生成・解析する自動運転車。カメラなどから取得したセンシングデータやV2Xによって取得した道路交通情報などを絶えず収集・解析しながら道路上を走行する仕組みだ。開発分野では、周囲の状況を検知するセンサー機器やデータを解析す...

災害で信号機にトラブル!カメラ頼りの自動運転車はどうなる?

自動運転車では一般的に、カメラで信号の色を認識してAI(人工知能)が適切な判断を行う手法が取り入れられている。しかし、自然災害などによって信号にトラブルが起きた場合、自動運転車は安全に走行できるのだろうか。 こうした懸念を無く...