エアバス に関する記事

空飛ぶクルマの実証実験、羽田空港などで年内実施へ

空飛ぶクルマの実証実験が、東京や大阪など4都府県で2019年中にも始まる見込みのようだ。経済産業省と国土交通省が音頭を取り、日本や海外の開発メーカーが参加することになるとみられている。日本経済新聞が2019年2月4日に報じた。 ...

独アウディと仏エアバス、10年以内に空飛ぶタクシー実現へ プロトタイプ発表、...

ドイツの自動車メーカー大手アウディは2018年12月2日までに、航空機メーカーの仏エアバス、自動車デザイン会社の伊イタルデザインとともに、空飛ぶクルマ「Pop.Up Next」のプロトタイプを初公開した。 プロトタイプは自動運...

米LiDARスタートアップAEye、台湾政府系VCなどから40億円超の資金調...

自動運転の「目」とも呼ばれるLiDAR(ライダー)を開発する米スタートアップ企業AEyeが、シリーズBラウンドで4000万ドル(約44億円)の資金調達を実施することが、2018年11月21日までに明らかになった。資金は国際的な販路拡...

目指すは”空飛ぶクルマ”実現 官民評議会の全構成員3...

空飛ぶクルマの実現に向けた最重要パーソン35人——。経済産業省が国土交通省と合同で設置している「空の移動革命に向けた官民協議会」の構成員がそうそうたる顔ぶれだ。この記事でその全メンバーを紹介する。 構成員は全35人で、民間から...

【最新版】CARTIVATOR(カーティベーター)が開発する「空飛ぶクルマ」...

空飛ぶクルマの開発が日本でも活気を帯び始めている。国も空飛ぶクルマの実現に向けて官民協議会を立ち上げるなど新たな産業の育成に力を入れていく方針で、今後、技術開発や制度整備などは加速化していくものと思われる。 この空飛ぶクルマの...

空飛ぶクルマとは? 仕組みや技術、必要なインフラなど

空飛ぶクルマの実現が現実味を帯びてきた。日本国内ではこれまで民間有志が取り組みを進めていたが、2018年6月に発表された未来投資戦略2018に「世界に先駆けた空飛ぶクルマの実現」が盛り込まれ、これを受けて国土交通省、経済産業省が「空...

空飛ぶタクシー、2022年にサービス提供開始 イギリスのバーティカル・エアロ...

「空飛ぶタクシー」の開発を進めているイギリスのスタートアップ企業バーティカル・エアロスペース(Vertical Aerospace)社が2018年9月20日までに、サービス提供を2022年までに始めると発表した。まるで映画の中の話の...

空飛ぶタクシーと空飛ぶクルマの実現いつから? 最新調査「乗りたい」半数前後 ...

先端技術を対象に市場調査を手掛ける株式会社AQU先端テクノロジー総研(本社:千葉市中央区/代表:子安克昌)は2018年8月14日までに、「空飛ぶクルマ」や「空飛ぶタクシー」に関するアンケート調査(2300人対象)の結果概要を発表した。発表に...

EUのエアタクシー、アウディ参画で試験へ 日本のCartivatorは東京五...

ドイツ大手自動車メーカーのアウディは2018年6月27日までに、ベルリン連邦首相府において「エアタクシー」の試験運用に向けたモデルケースを構築するプロジェクト「アーバン・エアモビリティ・プロジェクト」の同意書に調印した。「3次元モビ...