エアタクシー

空飛ぶクルマとは(2022年最新版)

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

空飛ぶタクシー、運賃は「1キロ270円」!?米企業が目標値発表

空飛ぶタクシーの運賃がいくらぐらいになるか、予想したことはあるだろうか。ある米企業がこのほど、同社の新開発の空飛ぶクルマを使ったタクシーサービスの運賃の「価格目標」を掲げたので、その数字を紹介していきたい。 ■「1人1マイ...

空飛ぶクルマのメリットとデメリット(2022年最新版)

海外では一部でサービス実証が始まり、量産化を見据えた大口契約も交わされ始めた空飛ぶクルマ。国内でも、2025年開催予定の大阪・関西万博での飛行実現に向け、官民総出で開発を加速させている。 実現間近の空飛ぶクルマは、身近なエアモ...

韓国と日本、「空飛ぶタクシー」の運航はどっちが先?

日本では2025年の大阪・関西万博開催時、空飛ぶクルマによる「エアタクシー」の実現が目指されている。期間限定での運航かもしれないが、「日本初」となるのはこの時期になるかもしれない。一方、お隣は韓国ではどうか。 韓国通信大手のS...

2021年の「空飛ぶクルマ」10大ニュース!市場拡大、注目企業が上場

陸地を走行する自動運転車に負けず劣らず、空の移動に変革をもたらすエアモビリティ「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた動きも活発だ。2021年には、先を見越した大型受注案件や株式公開を果たす動きも出ており、本格的な市場化を前に各社のビジネス...

空飛ぶクルマ、大阪人は「利便性」より「眺め」重視 アンケートで判明

空飛ぶクルマを開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:福澤知浩)は2021年12月3日までに、「空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査」の結果を発表した。 調査は、大阪ベイエリアでのエアタクシ...

大阪万博のエアタクシーサービス、主役は「SkyDrive」に!?

「空飛ぶクルマ」を開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:福澤知浩)が応募した取り組みが、大阪府の「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」に採択された。 2025年の万博においてエアタクシーの導入...

「空飛ぶクルマ」開発の米Joby Aviationが上場へ トヨタも出資

空飛ぶクルマを開発する米スタートアップのJoby Aviation(ジョビー・アビエーション)は2021年3月3日までに、SPAC(特別買収目的会社)との統合を通じ、ニューヨーク証券取引所に上場する計画を発表した。 報道発表に...

空飛ぶクルマ「ぜひ大阪で実現」と吉村知事 ラウンドテーブル設立を発表

大阪府の吉村洋文知事が2020年11月11日に行われた記者会見で、「空飛ぶクルマ」について言及し、「ぜひ大阪で実現をさせたい、実用化をさせたいというふうに僕自身も思っています」と強調した。 この日の会見では、大阪府が空飛ぶクル...

ANA、大阪万博で「エアタクシー」提供へ 自律飛行を想定

全日本空輸(ANA)が2025年の大阪万博で「空飛ぶクルマ」による旅客輸送サービスの提供を目指していることが、2020年3月24日までに明らかになった。エアタクシー(空飛ぶタクシー)サービスの実現に向けた動きとして、注目が集まりそう...