自動車ベンチャーのAZAPA、パナソニックと運転支援分野の開発などで資本提携

電動パワートレイン分野の関係深化も


パナソニック株式会社(本社・大阪府門真市/代表取締役・津賀一宏)と自動車ベンチャーのAZAPA株式会社(本社・愛知県名古屋市/代表取締役・近藤康弘)は4月10日、資本業務提携を発表した。パナソニックの出資額は明らかになっていないが、数億円規模との報道もある。







両社はこれまで協業してきた小型EV(電気自動車)向け電動パワートレイン分野の関係深化のほか、先進運転支援システム(ADAS)などの分野でも開発に共同で取り組んでいく。車に乗っている運転手や同乗者にとっても快適な車内空間を作ることのほか、「高度な運転者支援を実現する先進機能の開発を加速していきます」としている。

報道発表でパナソニック株式会社は自動車ベンチャーのAZAPAについて、車両全体のシミュレーションに関する知識や技術のほか、運転手の感受能力を解析してハンドル操作やアクセル・ブレーキ操作などを予測するアルゴリズムの生成技術などを評価している旨を説明している。

AZAPAは自動車のエンジン制御などを独自技術などを有し、完成車メーカーなどにソリューションを提供している。住友商事もAZAPAに注目しており、2018年1月にはAZAPAと自動車分野における技術開発などを目指し、人工知能(AI)搭載の自動車制御コンピュータを共同で開発する契約を締結している。

【参考】パナソニック株式会社とAZAPA株式会社の詳しい資本業務提携の内容については「プレスリリース」を参照。







関連記事