ウーバーの全国展開パートナー、業界最大手「第一交通」に決定か タクシー配車事業

広島でサービス提供後、共同でほか都市でも





出典:Uber Japanプレスリリース

米ウーバー・テクノロジーズの日本法人ウーバージャパンは2019年3月4日、タクシー業界最大手の第一交通産業と戦略的パートナーシップを締結し、広島市内などでタクシー配車サービスの提供を開始すると発表した。

第一交通産業はグループ会社も通じて全国で広くタクシー事業を展開しており、両社は広島だけではなく全国で順次サービスを開始していくことも発表した。つまりは今回の発表はウーバーの全国展開の狼煙(のろし)を上げたものと言える。







ウーバーの広島でのタクシー配車サービスの提供は、現段階では名古屋と大阪、仙台に続いて4都市目となる。ウーバーアプリには到着時刻の共有機能や同乗者との割り勘機能などが実装されており、乗客はこうした機能が搭載されたウーバーアプリを使って第一交通産業のタクシーを呼べるようになる。

ウーバージャパンのトム・ホワイト氏(モビリティ事業ゼネラルマネージャー)は、日本に住む人や観光客などのユーザー層に対し、「経験豊かなドライバーの皆様と弊社のテクノロジーの融合により、快適な配車サービスを提供したい」とコメントしている。







関連記事