鳥取県知事、MaaS導入に意欲 地域交通の足の確保へ 定例会見で語る

2019年10月から県内で観光型MaaS実証も





出典:鳥取県公式サイト

鳥取県の平井伸治知事は2019年7月11日の定例記者会見で、さまざまな交通機関を統合する「MaaS」について触れた。具体的にはMaaSを取り入れて「地域交通の足の確保を図っていこう」と語り、そのためのフォーラムを開くことも語っている。

鳥取を含む山陰エリアでは、「山陰地域観光MaaSコンソーシアム」による観光型MaaSの実証事業が2019年10月1日から2020年3月中旬にかけて実施される予定。この事業は国土交通省の新モビリティサービス推進事業における「先行モデル事業」に認定されている。







鳥取県では過去に、ソフトバンクグループの株式会社SBドライブが八頭町で自動運転バスの実証実験を行っており、何かと先進モビリティ技術の導入に関して名前が挙がる都道府県の一つだ。







関連記事