スズキ、郊外型カーシェアサービスの実証実験を豊中市で1年間実施

スマートバリューと丸紅とともに





スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市/代表取締役社長:鈴木俊宏)は2019年秋から約1年間、コンパクトカーを使った郊外型カーシェアサービスの実証実験を大阪府豊中市で実施する。







実証実験は、カーシェアサービスの提供を可能にする独自プラットフォーム「Kuruma Base」を開発する株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:渋谷順)と丸紅株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:柿木真澄)とともに実施する。

スズキは今回の実証実験を通じ、カーシェアに関するサービスのノウハウ蓄積や潜在顧客の発掘などにつなげ、将来的なカーシェアサービスの提供の妥当性について検討するとみられる。







関連記事