自動運転化で広がる「裾野の裾野」産業に注目せよ

センサ向けワイパーも?





自動運転技術がいよいよ商用化される時代になると、ソフトウェアやセンサー、車室空間のデザインなどが裾野産業として大きく発展するはずだ。そんな成長性に目をつけ、既に多くの企業が事業に乗り出しつつある。







たださらに自動運転市場の未来を深く見据えようとするなら、「裾野産業の裾野」にも早いうちから着目しておきたいところだ。

例えば自動運転車に搭載が不可欠なLiDARやカメラなどのセンサーは裾野産業として市場が拡大していくが、こうしたセンサーの搭載が広げるさらなる裾野がある。それは、そのセンサーを常に綺麗にしておくという技術やサービスだ。

センサーによっては物理的な汚れが精度に影響を及ぼす可能性がある。精度の低下は自動運転の安全性の低下に直結するため、クリーンな状態を保っておくに越したことはない。

レンズに汚れの吸着を防止する加工を施すのか、ワイパーのような物理的な何かを取り付けるのかなどといった方法論は、今後さまざまな観点から検討が進むと思うが、こうした自動運転車の商用化でこうした「裾野産業の裾野」が広がっていくことは、ぜひ念頭にいれておきたい。

こうした点にいち早く目をつければ、「裾野産業の裾野」でトップシェアを獲得することができるかも!?

【参考】関連記事としては「自動運転社会の到来で激変する9つの業界」も参照。







関連記事