横浜の相鉄バス、日本初の大型自動運転バスを自社保有へ レベル4での営業運転目指す

群馬大と共同研究、2019年秋以降に実証実験





自動運転システムを搭載予定の同型バス=出典:相鉄バス、群馬大学プレスリリース

神奈川県横浜市に本社を置く相鉄バスは2019年5月7日、日本で初めて自動運転バスを自社保有し、自動運転レベル4(高度運転自動化)による営業運転を目指すと発表した。

群馬大学とバスの自動運転のためのシステム開発や実証実験の実施、輸送サービスなどに関連する共同研究を進め、レベル4による営業運転を実現させる。発表では、群馬大学と共同研究契約を締結したことも明らかにされた。







実証実験は2019年秋以降に継続的に実施する予定で、実際の営業路線を中心に取り組むという。

相鉄バスは、日本の就労人口減に伴う運転手不足に向けた取り組みとして、自動運転技術の導入が不可欠と考えていることを強調。その上で「より安全な運行サービスを提供することでお客さまの利便性向上が図られることから、迅速な技術導入を目指します」としている。

相鉄バスは横浜市内と神奈川県央部でバス事業を展開しており、1日の利用客数は約9万人に上るという。







関連記事