【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平がIAAE2020で、自動運転・MaaS時代の自動車アフターマーケット産業について講演いたします

2020年3月12日(木)、東京ビッグサイトで





出典:ブロードリーフ社公式サイト

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、自動車アフターパーツ業界における国内最大級の展示会イベント「第18回国際オートアフターマーケットEXPO2020」(IAAE2020)におけるブロードリーフグループのブース内セミナーにて講演することが決まりましたので、お知らせいたします。

IAAEは自動車アフターマーケットに関する最新情報・業界動向などを発信する目的で実施されており、ビジネス交流の場にもなっているコンベンションです。2020年3月11(水)〜13日(金)にかけて東京ビッグサイトで開催され、日本国内外から参加する約300の企業や団体が展示やデモを行う予定です。







下山は、自動車アフターマーケット業界におけるIT支援で国内最大手であり、最近ではMaaS領域への参入を果たしている東証一部上場企業のブロードリーフ社のブースにて、2020年3月12日(木)の12:20〜13:05に講演を行います。

講演のテーマは「自動運転・MaaS時代に自動車アフターマーケット産業はどう変わるか!?〜 2050年には770兆円もの規模になる巨大市場でモビリティビジネスのあるべき姿~」で、自動運転社会の実現によって「自動車アフターマーケット」産業にどのような革新が起こるのかを解説します。

ブロードリーフ社のブース内ではこのほか、元ラグビー日本代表の大畑大介氏による「根拠のない自信を信じろ!~根拠はおのずとついてくる~」と題した講演のほか、日刊自動車新聞社の髙橋賢治社長による「特定整備制度と整備事業者に今後求められること」と題した講演も行われます。

詳しい情報はブロードリーフ社の公式サイト「https://next.broadleaf.co.jp/」からも確認できます。

下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事