ライドシェア最大手ウーバー、2019年1〜3月にも上場か Facebook超えも

業界2位のリフトも同時期に上場の可能性





米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズが早ければ2019年1〜3月ごろにも米国で新規株式公開(IPO)を実施する見通しとなった。米証券取引委員会(SEC)にIPOに向けた準備書類を提出したことが、2018年12月9日までに明らかになっている。







上場時の時価総額は2012年のフェイスブック(812億ドル)を超える1200億ドル(約13兆円)規模になるという試算も出ている。ちなみにアメリカ市場においてこれまで最も新規上場時の時価総額が高かったのはアリババ集団で、そのときの時価総額は1603億ドルに達している。

米ライドシェア業界においては、2019年は上場が相次ぐ年になりそうだ。ウーバーの背中を追いかける業界2番手のリフトも既にSECにIPOの準備書面を提出している。ウーバーと同時期の2019年1〜3月に上場するという見通しもある。







関連記事