パイオニア、「自動運転の目」を担う3D-LiDAR開発の新会社設立

社内グループのモビリティ事業を承継





電機メーカー大手のパイオニア株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役:森谷浩一)は2019年9月30日、自動運転関連の新たな事業会社を新設分割により設立すると発表した。設立は10月1日付となる。







同社はこれまでスマート&オートノマスモビリティ事業グループで自動運転関連事業を進めてきた。新会社は同グループの事業内容を承継する形となり、「自動運転の目」と呼ばれる3D-LiDARの技術開発を主に手掛けていく。

新会社名は「パイオニア・スマートセンシングイノベーションズ株式会社」。資本金額は1億円。代表取締役社長には高木晴彦氏が就く。

パイオニアは、来年日本で解禁される「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)を想定した3D-LiDARの開発を進めている。2018年にその3D-LiDARのモデルを発表し、2020年以降を目途に本格的な量産化を進める見込みとされてきた。

この3D-LiDARを搭載させた自動運転の実証実験は各地で盛んに行われつつあり、海外での取り組みとしては、シンガポールの自動運転関連スタートアップ企業と自動運転シャトルを使った実証実験を行うことも、2018年11月に発表されている。







関連記事