信号と連携!距離2倍!小田急、神奈川の公道で自動運転バスの実証実験

SBドライブとともに実施





出典:小田急電鉄プレスリリース

神奈川県の公道で2019年8月21日から30日にかけ、自動運転バスの実証実験が行われる。自動運転バスの実用化を目指している小田急グループが2018年に続いて実施するもので、ソフトバンクグループ子会社のSBドライブ株式会社とともに取り組む。

運行ルートは片道2キロ(往復4キロ)で、2018年の距離の2倍となっている。技術面においては「昨年より高度な技術検証を行います」としており、車両が信号情報を取得して走行したり、交差点に設置したセンサーで対向車の有無を確認して右折したりするという。







実証実験は自動運転レベル3(条件付き運転自動化)相当で行われる。日野の小型バス「ポンチョ」をベースにした自動運転車両を使い、車両には車掌も同乗する。

実証実験では一般の人に試乗してもらい、サービス面で課題がないかなども検証するという。







関連記事