複合検索…お安い御用!小田急のMaaSアプリがサービスイン その名も「EMot」

「生きかた(ライフスタイル)」も提案





出典:小田急電鉄公式YouTube動画

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区/社長:星野晃司)は2019年10月7日、複合経路検索機能などを備えたMaaSアプリ「EMot」のサービスインを発表した。

このMaaSアプリは、同社が開発するオープン共同データ基盤「MaaS Japan」を活用したもので、同日からアプリの機能の実証実験をスタートさせるという。







同社はこのアプリについて「『行きかた』だけではなく、『生きかた(ライフスタイル)』を提案」するものだと紹介している。交通の利便性が高まれば、さまざまな場所へ行って色々な体験ができる。MaaSはまさに人のライフスタイルを大きく変える可能性を秘めている。

EMotの複合経路検索機能では、鉄道やバス、タクシー、シェアサイクルなどを複合的に組み合わせた経路を検索可能で、連携サイトや連携アプリにおける予約・決済機能もしやすくなっている。EMotはこのほか、電子チケットの発行機能も搭載しているという。

小田急電鉄はこうした機能の実用性などを検証するために、2019年10月末頃から観光型MaaSや郊外型MaaSの実証実験を実施するとしている。







関連記事