ホンダが次世代自動車開発で「脳」領域に踏み込んだ!

CiNetと共同研究





ホンダの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所は2019年5月20日、脳科学を用いたモビリティー・ロボティクス領域におけるヒト研究を、脳情報通信融合研究センター(CiNet=シーネット)とともに開始したことを明らかにした。







CiNetは情報通信研究機構(NICT)の組織で、日本においては脳・人工知能研究に関する代表的な研究機関だ。共同研究では具体的には、ドライバーとクルマが一体化したような運転操作感や最適なヒューマン・マシン・インターフェースなどについて解明を行うという。

共同研究でホンダ側の中心となるのが、本田技術研究所内に2019年4月に新設された先進技術研究所。

ホンダは報道発表で「自動運転技術の進展やモビリティーやロボティクスのサービス化など、取り巻く環境は大きく変化しており、ヒト研究の重要さは今まで以上に高まっています」としている。







関連記事