日立オートモティブ、上海モーターショーで自動運転技術など展示

「人・クルマ・社会がつながる未来へ」がテーマ





出典:日立オートモティブシステムズ社プレスリリース

自動車部品メーカーの日立オートモティブシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区/最高経営責任者:ブリス・コッホ)は2019年4月8日までに、中国・上海で開催される「上海モーターショー2019」に出展すると発表した。

上海モーターショー2019は、2019年4月16日から25日まで開催される。同社は自動運転や電動化に関する技術などを目玉として展示する予定で、「Moving Forward! 人・クルマ・社会がつながる未来へ」をテーマに据えるという。







具体的な出展内容としては「自動運転システム All in One Car」「電動パワートレインシステムコーナー」「自動運転システムコーナー」「高効率エンジン燃焼制御システムコーナー」などを挙げている。

同社は報道発表で「次世代の自動車機器テクノロジーを提供することで、クルマ社会が抱える課題の解決に貢献していきます」としている。







関連記事