ソフトバンク傘下の半導体設計大手アーム、自動運転向けに新CPUコア「Cortex-A65AE」発表

センサーデータ処理の即時性アップ





出典:アーム社プレスリリース

ソフトバンク傘下の英半導体設計大手アームは2018年12月18日、自動運転技術の安全性・信頼性を一層高めることなどが可能な新たなCPU(中央演算処理装置)コア「Cortex-A65AE」を発表した。

報道発表でアームは、自動運転車の安全性を高めるためには、光技術を活用して車両の周辺環境を検知するLiDAR(ライダー)やカメラなどの性能を向上させることが重要だと指摘。発表によれば、新たなCPUを活用することでセンサーが得たデータの処理の即時性が高まるようだ。







自動運転業界においては「インテルよりアーム」と呼ばれるほど存在感を高めている同社。2018年9月には世界初の自動運転対応プロセッサ「Cortex-A76AE」を発表し、注目を集めていた。







関連記事