デンソー子会社NSITEXE決算、赤字額縮小も8.2億円 自動運転を想定した「半導体IP」を開発

2021年3月期の業績は?



出典:官報

デンソー子会社の株式会社エヌエスアイテクス(本社:東京都港区/代表取締役社長:新見幸秀)=NSITEXE=の第4期(2021年3月期)の決算公告が、このほど官報に掲載された。

第4期の当期純損失は第3期の10億3,595万3,000円から縮小し、8億2,370万9,000円だった。利益や損失の累計である利益剰余金はマイナス43億6,986万4,000円だった。







■決算概要

賃借対照表の要旨(2021年3月31日現在)
資産の部
流動資産 909,527
固定資産 4,676,063
資産の部合計 5,585,591
======
負債の部
流動負債 557,216
(賞与引当金)(59,904)
固定負債 9,198,239
負債の部合計 9,755,456
——
純資産の部
株主資本 △4,169,864
資本金 100,000
資本剰余金 100,000
資本準備金 100,000
利益剰余金 △4,369,864
その他利益剰余金 △4,369,864
(うち当期純損失)(823,709)
純資産の部合計 △4,169,864
負債及び純資産の部合計 5,585,591
(単位:千円)

■自動運転を想定した「半導体IP」を開発

NSITEXEは、デンソーの子会社として2017年9月に設立された。主に自動運転を想定した「半導体IP」の開発などを手掛けている。

2019年1月に東京ビッグサイトで開催されたクルマの先端技術展「第11回オートモーティブワールド」では、開発中の次世代半導体IP「DFP」を搭載したテストチップとテストボードを初めて展示した。

2020年1月には、新型プロセッサ「データ・フロー・プロセッサー(DFP)」の最初の製品である「DR1000C」の発売を開始した。

【参考】関連記事としては「自動運転に役立つ第三のプロセッサ「DFP」、NSITEXEが初製品」も参照。

DFPは、CPU(中央演算処理装置)やGPU(画像処理半導体)とも異なる新領域の「第三のプロセッサ」と呼ばれ、効率的な計算による反射的な判断処理が得意だ。消費電力がGPUの10分の1以下で低コスト化も実現する。リアルタイムなデータ解析や判断が求められる自動運転車において、DFPへの注目度は今後一層高まることが予想される。

ちなみにNSITEXEは2020年10月には、自動運転向けエッジAIの半導体を提供する米Blaizeの日本での正規販売代理店となっている。

▼NSITEXE公式サイト
https://www.nsitexe.com/
▼DFP最初の製品「DR1000C」を発売|エヌエスアイテクス
https://www.nsitexe.com/archives/676
▼米国Blaize製品販売を開始〜AIソリューション製品ポートフォリオを拡充〜|エヌエスアイテクス
https://www.nsitexe.com/archives/809

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事