東急MaaS「DENTO」、100円乗り放題チケットが販売2万枚超!2021年1〜4月に実施

「職・住・遊」をシームレスにつなぐ



出典:東急プレスリリース

東急株式会社(本社:東京都渋谷区/取締役社長:髙橋和夫)は2021年6月1日までに、東急線沿線での自由で豊かな働き方を実現するMaaS実験「DENTO」の結果と今後の展開について発表した。

DENTOの実験は田園都市線在住の都心通勤者を主なターゲットとして、2021年1〜4月にかけて行われた。







この実験で行った主なサービスは3つだ。1つ目は快適な都市通勤を実現する移動サービスの提供。2つ目は田園都市線たまプラーザ駅以西を中心にテレワークできる就労場所の展開、3つ目は定期券保有者限定の「100円乗り放題チケット」の販売だ。

これらのサービスは全てLINE上のデジタルチケットで提供し、料金の授受やサービスを非接触とした。

■100円乗り放題チケット、購入2万枚以上

都市通勤のための移動サービスにおいては、田園都市線郊外と都心を結ぶ高速バス「サテライトビズライナー」は平均客席稼働率が1割弱で、都心から横浜市青葉区内の自宅を結ぶ「相乗りハイヤー」は利用者の評価は高かったが利用総数は低迷した。

今後に向けて発着エリアや利用時間帯の拡大が必要とされ、認知度が低いという点も改善の必要があるという。

定期券保有者限定サービスとして販売した「100円乗り放題チケット」は、2万枚以上の購入があった。また、購入者の48%がチケットを購入したことで予定外の外出を行い、45%は東急グループ施設を利用した。交通費割引による移動・消費の促進効果も確認できたという。

■「職・住・遊」をMaaSでシームレスにつなぐ

今回の実験では、会員登録者の6割がサービスを利用しなかったことや、総販売数の9割以上が100円チケットであり、提供したサービス需要に大きな偏りがあったことなどが課題として挙がった。

一方、MaaSサービスに対する需要は高まりつつあり、東急は今回の実験の結果を踏まえ、ポストコロナを見据えた郊外地区の「職」「住」「遊」をシームレスにつなぎ、移動をはじめとしたサービス開発を推進していくとしている。

今後の東急による取り組みに引き続き注目していきたい。

【参考】関連記事としては「Afterコロナの地方観光活性化、「MaaS推進」が重要施策に!」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事