助手席の人の「役割」、AIドラレコが代替?自動運転レベル3でも活躍?

ナウトから感じるさまざまな可能性





助手席の人の「役割」と言えば、ドライバーが居眠り運転をしないよう話しかけたり、ドライバーの「わき見運転」や「ながら運転」を注意したり、「第3の目」となって車外の様子に注意したりと、結構重要だ。こうした助手席の人の「役割」だったことを、AI(人工知能)ドライブレコーダーが代替してくれるようになる——!?

そうした可能性を感じるのがAI搭載の通信型ドライブレコーダーである「ナウト」だ。ナウトはあらゆる自動車に後付け可能なドライブレコーダーで、AIと通信機能を備えた二つの高性能小型カメラが車内外で発生する事象を検出し、AIが危険を察知するとドライバーに警告音などで知らせてくれるというものだ。運転の危険度をリアルタイムに分析できることも可能だという。







このナウトは、最近オリックス自動車のカーシェア車両に導入されることも決定した。車両にナウトを導入することで、ドライバーのわき見運転や居眠り、車間距離不足などを検知し、乗車客の安心安全な運転のサポートに役立てるという。

ドライブレコーダーは近頃、高齢者のドライバーによる危険運転や、あおり運転などの事故の際に走行状況を録画し、後から確認するためのツールとして導入する人も増えている。AIドライブレコーダーはその「次の可能性」であり、人間の運転をサポートしてくれるようだ。

■AIドラレコで自動運転のリスクが回避できる?

また、いよいよ日本で解禁される「自動運転レベル3(条件付き運転自動化)」での走行でも、AIドライブレコーダーは役立ちそうだ。

自動運転レベル3のシステムを稼働中でも運転手は常に運転をシステムと代わる準備をしていなければならず、その特有の危険性はしばしば指摘されている。そのため運転手が運転を代われる状態にあるかモニタリング(監視)するシステムが必要とされ、デンソーや住友理工がこうした仕組みを開発中だ。

ただこうした仕組みはAIドライブレコーダーでも可能かもしれない。ナウトのように何らかの条件に反すればドライバーに注意喚起される仕組みであれば…。こうした意味でも、AIドラレコにはさまざまな可能性を感じずにはいられない。

【参考】関連記事としては「自動運転レベル3の「油断の罠」に挑む技術者たち」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事