自動運転技術を応用した「AI教習システム」が登場!ミナミHDとティアフォーなどが共同開発

車両位置や周辺環境を正確に検知、画一的な評価可能に



南福岡自動車学校の教習車に設置されたAI Pilot(自動運転用システムユニット)=出典:南福岡自動車学校プレスリリース

自動運転技術を活用した「AI教習システム」を用いた試乗会が、2020年9月28日に福岡県大野城市の南福岡自動車学校で実施される。

「AI教習システム」は南福岡自動車学校を運営するミナミホールディングスとティアフォー、ブレインフォーの3社で共同開発されたもので、自動運転技術を活用した運転技能検定システムと教習システムで構成される。







報道発表によれば、自動運転の技術を応用することにより車両位置や周辺環境を正確に検知することが可能で、ドライバーの運転技能の評価も指導員レベルの精度でできるという。

AI教習システムを導入することで、今まで生じていた指導員ごとの評価のばらつきも解消されるといったメリットがあるようだ。

■本格的なサービス開始は2021年春ごろを予定

3社による取り組みにおいて、ミナミホールディングスはAI教習システムを活用したサービス展開と導入支援などを、ティアフォーはオープンソースの自動運転OS「Autoware」を活用したAI教習システムの開発などを、ブレインフォーは運転技能検定における評価モデルの研究開発などを担う。

9月の試乗会では、決められたコースを走行して同システムがドライバーの運転技能を評価する「運転技能検定」と、苦手な人が多いS字走行をシステムが指導員に代わって指導する「運転技能教習」が体験できる。

本格的なサービス開始は2021年春ごろを目指し、教習所構内で実証を重ねてシステムの改善を図っていくようだ。今後の3社の取り組みに注目していきたい。

【参考】関連記事としては「これはもしや…自動車学校CVCと自動運転、抜群のシナジー」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事