Lyft(リフト)

Argo AI、自動運転の年表!米有力スタートアップ、VWとFordが出資

自動運転開発を手掛ける有力スタートアップのArgo AI。米フォード、独フォルクスワーゲンという2つの巨大なバックボーンのもと、まもなく本格的なサービス実証に着手する見込みだ。 この記事では、Argo AIのこれまでの取り組み...

トヨタの前線部隊「ウーブン」が本格始動!自動運転に投資、「地図」にも注力

自動運転をはじめとしたモビリティ・イノベーションに向け最先端技術の開発を担うトヨタのウーブン・プラネット・グループが活動を本格化させている。 2021年6月には、米スタートアップのRidecellへの投資や、地図領域における三...

Waymoの年表!自動運転タクシーのフロンティア

自動運転開発で世界をリードするWaymoは2021年6月、25億ドル(約2,800億円)の最新の投資ラウンドを発表した。昨年のラウンドに続く大型の資金調達だが、CEO交代の報など同社を取り巻く環境は大きく変りつつあるようだ。 ...

自動運転実用化、IR・カジノは絶好の舞台!国内外で構想&実証

日本国内での導入が徐々に迫るIR(統合型リゾート)。2021年度中に公募が始まり、誘致を目指す地方公共団体の中から3カ所が選定される予定となっている。 こうしたIRの誘致は大規模なインフラ整備を伴う。建物が立ち並ぶ広大な造成エ...

超優秀エンジニア1,200人で勝つ!トヨタ、Lyftの自動運転部門を買収

トヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)は2021年4月29日までに、配車サービスの米Lyftの自動運転部門「Level 5」を約5億5,000万ドル(約600...

現代自動車のEV、米で2023年から自動運転タクシーとして運行へ

韓国の自動車メーカー大手の現代自動車(ヒュンダイ)が、同社のEV(電気自動車)「アイオニック5」を、2023年からアメリカでロボタクシー(自動運転タクシー)として運行開始させる計画のようだ。 報道によると、米ライドシェア準大手...

現代自動車、自動運転レベル4車両を2023年に公道デビュー 鄭会長が構想

韓国の自動車メーカー大手・現代自動車(ヒュンダイ)の鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は、2021年3月16日に行われたグループ社員とのビデオカンファレンスにおいて、自動運転レベル4(高度運転自動化)の機能を搭載した車両を2023年にも...

車両開発は他社任せ!Lyft、Uberより先に自動運転タクシー提供か

アメリカ市場でライドシェア準大手のLyft(リフト)は2020年12月21日までに、2023年からアメリカ国内の複数都市で完全自動運転タクシーサービスを開始すると発表した。 Lyftは、韓国の自動車メーカー・現代(ヒュンダイ)...

タイムリミット間近!テスラの「自動運転タクシー100万台」宣言

米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は過去に「2020年中に自動運転タクシー100万台を稼働させる」と発言している。このタイムリミットが近づいているが、2020年11月26日現在、この種のサービス...

自動運転タクシー、もう「普通の人々」も乗れる段階!西新宿でも「運転席無人」で...

Google系wamo(ウェイモ)が「自動運転タクシー」の商用サービスを世界で初めて開始してもうすぐ2年。アメリカのほか中国などでも商用サービスの提供に向けてさまざまな企業が実証実験に取り組んでいるが、それは日本も例外ではない。 ...