Lyft(リフト)

ウーバーの「天国と地獄」 イーツ爆伸、ライドシェア大打撃 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出制限や外出自粛などが長引いている。 そんな中、ライドシェア世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズはライドシェアの利用者が減少する「地獄」と、デリバリー需要の増加によってウーバーイーツの...

自動運転タクシー、ライドシェア…新型コロナでサービス停止相次ぐ

新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に大打撃を与えている。自動車業界でも工場の生産停止などによる影響が深刻化しており、自動運転の実証実験やライドシェアサービスにも影響が広がっている。特にこうした取り組みやサービスが盛んなアメリカで...

日本、自動運転タクシーはいつ実現?リアルタイムデータ解析で安全走行(深掘り!...

米ウェイモが2018年末に自動運転タクシーを商用実用化して1年余りが経過した。2019年末には無人運転も実現しており、名実ともに自動運転レベル4サービスを達成した形だ。 ウェイモに続けと言わんばかりに世界各地で実証実験が加速し...

米Aptivが頭角!自動運転タクシーの有料配車回数、10万回超え

自動車部品大手の米アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)は2020年2月13日までに、同社のロボタクシー(自動運転タクシー)の有料配車回数が通算で10万回に達したと発表した。 アプティブは自動運転開発チームを組織し、ロボ...

AI自動運転タクシー、「2020年目標」はGM・Tesla・Uber・ZMP...

2020年の幕が開けた。各自動車メーカーのトップや幹部の発言などを分析すると、今年新たにAI自動運転タクシーの実用化を目指しているのは、少なくともアメリカ勢のGM(ゼネラル・モーターズ)とテスラとウーバー、そして日本勢のZMPだ。 ...

ウーバーのライバルLyft、工場跡を密かに自動運転の実験場に!場所も判明

米ライドシェア準大手Lyft(リフト)は、ウーバーに負けじと自動運転車の開発に力を入れている。将来、人間によるライドシェアの代わりに、運転手がいない「自動運転タクシー」を事業の柱の一つに据えることを視野に入れているためだ。 そ...

ホンダ北米子会社、自動運転の安全に関する国際組織「AVSC」への加盟を発表

ホンダの北米子会社である「アメリカン・ホンダ・モーター」(American Honda Motor)は2019年11月13日までに、自動運転の安全性に関する国際組織「The Automated Vehicle Safety Cons...

楽天、米ライドシェアLyftの市場価格低下で、減損損失1030億円を計上へ ...

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区/代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)は2019年11月5日、同社が株式を約11%保有する米ライドシェア大手Lyft(リフト)の市場価格が著しく下落していると判断し、2019年12月期第3四半期(20...

アメリカ×自動運転、最新動向まとめ

かつて自動車大国として名を馳せたアメリカが、自動運転の波に乗って息を吹き返している。ウェイモの自動運転タクシーを筆頭に、自動運転業界の主導権争いをリードするポジションが続いている。 アメリカの強みとは何か。自動運転に関する規制...

楽天の自動運転・MaaS・配送事業まとめ ライドシェア企業へ出資も

2019年9月、楽天はスーパー大手・西友と協力し、自動運転ロボット(UGV)を活用して商品を配送するサービスを実施すると発表した。 これまでもライドシェア企業への投資やドローンでの配送事業の実証実験など、モビリティ関連事業や配...