HERE(ヒア)

自動運転向け地図・マップ、必要な要素や開発企業を徹底まとめ

自動運転レベル3の実用化をはじめ、高度な運転支援を実現するレベル2+など、高精度3次元地図を活用する事例が出始めている。レベル4においても、ODD(運行設計領域)ごとにマッピングした地図が一般的に活用されている。 この記事では...

トヨタTRI-AD、自動運転用「一般道高精度地図」作成実証に成功

自動運転ソフトウェアの先行開発を手掛けるトヨタ子会社のトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)は2020年3月10日、自動運転用の高精度な一般道マップの...

パイオニア子会社PSSI、マレーシアで「5G自動運転」の実証に参加

パイオニアの連結子会社であるパイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:高木晴彦)=PSSI=は2020年2月9日までに、シンガポールの自動運転関連スタートアップ企業MooVitaのマレーシア現...

蘭HERE、ADAS向けの3D道路モデル「HERE Lanes」発表 自動運...

自動運転車向けのダイナミックマップを手掛けるオランダのHERE Technologiesは2020年1月31日までに、ドライバーの安全性向上に向けた3D道路モデル「HERE Lanes」を発表した。交通規則や走行方向、交差点の勾配や...

AI自動運転用地図データ、どこまで作製は進んでいる?(深掘り!自動運転×デー...

自動運転の開発といえば、車両に搭載される技術に注目が集まりがちだが、自動運転を縁の下から支えるデジタルインフラ「高精度3次元地図」の開発も国内では一つの区切りを迎え、次の段階に入りつつあるようだ。 自動運転システムが利用する次...

自動運転向け高精度3D地図、2030年に市場規模2兆円超に

米コンサルティング企業のMarketsandMarkets社がこのほど、自動運転車向け高精度3次元地図の世界市場に関する予測レポートを発表した。 その予測レポートによれば、自動運転車のための高精度3次元地図データの世界市場は2...

欧米・中国の11社で「自動運転の安全白書」作成し公開 日本企業は参加なし

自動運転技術を開発する欧米の自動車メーカーや自動車部品メーカーら11社が、自動運転と安全に関する「SAFETY FIRST FOR AUTOMATED DRIVING」(英語版)というホワイトペーパー(白書)を共同で作成し、2019...

三菱電機と欧州地図大手のHERE、「レーンハザードワーニングシステム」を開発...

三菱電機と欧州地図大手の蘭HERE Technologies社は2019年5月15日、両社で開発中の「レーンハザードワーニングシステム」について報道発表を行った。 このシステムは、先行車両のセンサー検知した落下物や陥没などの路...

「つながる街」の進化、オープンソフトで Linux団体が新組織、ウーバーやG...

コネクテッドシティにおける移動や交通渋滞を改善するオープンソースソフトウェアの開発・促進に向け、国際団体として「Urban Computing Foundation」が2019年5月13日までに設立された。 Linuxを普及促...

【最新版】自動運転向けダイナミックマップの開発企業まとめ 地図データ作製の進...

自動運転の実現に欠かせないと言われる高精度3次元地図やダイナミックマップ。自車位置の特定・補正や周辺予測、リアルタイムな交通情報提供などで自動運転車の安全性を高める役割を担う。 限定領域下で自動運転レベル3(条件付き運転自動化...